季語・歳時記

【春の季語】魚氷に上る

【春の季語=初春(2月)】魚氷に上る

七十二候のひとつで、「立春」の節の第三番目。新暦の二月十四日~十八日にあたる。

「うおひにのぼる」と読むが、長い季語なので「氷に上る魚」や「魚は氷に上り」など、わりと自由に使われることが多い。

暖かさで氷が割れ、氷下で泳いでいた魚が氷の上にあがるというような意味のことば。


【魚氷に上る(上五)】
氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行
魚の氷に上りぞくぞく星の数 山尾玉藻
魚は氷に上り土竜は桃色に 小島健
魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛
魚は氷に上り光の渦まとふ 北光星

【魚氷に上る(中七)】
山陰や魚氷に上る風のいろ 原裕
妻癒えよ魚氷に上るきのふけふ 伊藤伊那男

【魚氷に上る(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】残暑
  2. 【冬の季語】冬の薔薇
  3. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  4. 【春の季語】囀る
  5. 【夏の季語】筍
  6. 【春の季語】紅梅
  7. 【新年の季語】人日
  8. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)

おすすめ記事

  1. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  2. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  3. こんな本が出た【2021年3月刊行分】
  4. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  5. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)
  6. 萩にふり芒にそそぐ雨とこそ 久保田万太郎【季語=萩・芒(秋)】
  7. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  8. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】
  9. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  10. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
  2. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  4. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  5. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【8】/金井硯児(「銀漢」同人)
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月4日配信分】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  10. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】
PAGE TOP