季語・歳時記

【春の季語】魚氷に上る

【春の季語=初春(2月)】魚氷に上る

七十二候のひとつで、「立春」の節の第三番目。新暦の二月十四日~十八日にあたる。

「うおひにのぼる」と読むが、長い季語なので「氷に上る魚」や「魚は氷に上り」など、わりと自由に使われることが多い。

暖かさで氷が割れ、氷下で泳いでいた魚が氷の上にあがるというような意味のことば。


【魚氷に上る(上五)】
氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行
魚の氷に上りぞくぞく星の数 山尾玉藻
魚は氷に上り土竜は桃色に 小島健
魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛
魚は氷に上り光の渦まとふ 北光星

【魚氷に上る(中七)】
山陰や魚氷に上る風のいろ 原裕
妻癒えよ魚氷に上るきのふけふ 伊藤伊那男

【魚氷に上る(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】枯木
  2. 【冬の季語】実南天
  3. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ
  4. 【秋の季語】秋刀魚
  5. 【新年の季語】歌留多会
  6. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  7. 【春の季語】梅二月
  8. 【冬の季語】冬銀河

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】立秋
  2. ネックレスかすかに金や花を仰ぐ 今井千鶴子【季語=花(春)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  4. 【新番組】ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第1回】
  5. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  6. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  7. 【春の季語】山桜
  8. 共にゐてさみしき獣初しぐれ 中町とおと【季語=初時雨(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪

Pickup記事

  1. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  4. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】
  5. 【新年の季語】田遊
  6. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  7. 【冬の季語】蓮枯る
  8. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
  9. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  10. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
PAGE TOP