季語・歳時記

【春の季語】鶯餅

【春の季語=初春(2月)】鶯餅

餡を求肥などで包み、丸く包んだものを楕円形にして「」のかたちに模した和菓子。

うぐいす粉(青大豆からできたきな粉)をまぶして仕上げることが多い。


【鶯餅(上五)】
鶯餅つまみどころのありにけり  百合山羽公
鶯餅作りし人のキュービズム  後藤比奈夫
鶯餅鉄路の雨はややしぶく 友岡子郷
鶯餅二つふやして全部買ふ 降旗牛郎
鶯餅かこみて雨にかこまるる 鳥居真里子
鶯餅谷保駅降りてすぐ右の 田口茉於
鶯餅窓より雨後の日のさして 赤松佑紀

【鶯餅(中七)】
老いしかや鶯餅に喉つまり 後藤夜半
街の雨鶯餅がもう出たか 富安風生
からうじて鶯餅のかたちせる 桂信子
美しき冷えをうぐひす餅といふ 岡本眸
飛びたたぬやうに鶯餅はこぶ 鷹羽狩行
湯気立てて鶯餅の生れけり 高畑浩平
雨止んで鶯餅は売り切れに 伊藤伊那男
食べ終へてうぐひす餅と思ひけり 橋本石火
何時の間に鶯餅の向かう向き 細谷ふみを
断はられても贈る鶯餅百個 櫂未知子
てのひらの鶯餅にある愛想 工藤玲音
どんと置く鶯餅に夕日射す 安藤翔

【鶯餅(下五)】

【ほかの季語と】
雪舞ふや鶯餅が口の中 岸本尚毅
草餅に鶯餅の粉がつく 岸本尚毅


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】俎始
  2. 【冬の季語】鬼やらう
  3. 【冬の季語】冬
  4. 【春の季語】春分の日
  5. 【冬の季語】師走
  6. 【冬の季語】蓮根
  7. 【夏の季語】泉
  8. 【冬の季語】枯蓮

おすすめ記事

  1. 捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々【季語=捩花(夏)】
  2. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  3. 誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子【季語=雛(春)】
  4. 狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子【季語=狐火(冬)】
  5. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  6. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  7. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  8. 【春の季語】春の雨
  9. 【都道府県別の俳句】
  10. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】

Pickup記事

  1. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  2. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年2月分】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月2日配信分】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  6. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  7. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  8. 謝肉祭の仮面の奥にひすいの眼 石原八束【季語=謝肉祭(春)】
  9. 青大将この日男と女かな 鳴戸奈菜【季語=青大将(夏)】
  10. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
PAGE TOP