季語・歳時記

【春の季語】鶯笛

【春の季語=初春(2月)】鶯笛

」の鳴き声のような音が出せる竹細工。芝居や演劇などにも用いられる。

旧暦が生活のベースにあったころは、元日が鶯の鳴く時期とそう遠くはなかったため、鶯笛を吹きながら、売り歩く「初音売」が存在した。

初音」とは、その年に初めて耳にする鶯の鳴き声のことで、これもまた春の季語とされる。


【鶯笛(上五)】
鶯笛ひなたの味に鳴りにけり 岡田一実

【鶯笛(中七)】
ポケットの鶯笛に手の触れぬ 佐藤和枝
遠出して鶯笛の機嫌良し 西村麒麟

【鶯笛(下五)】
まだ少し心が足りぬ鶯笛 西村麒麟


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬野
  2. 【春の季語】春の夢
  3. 【秋の季語】松茸
  4. 【冬の季語】蓮枯る
  5. 【春の季語】春の塵
  6. 【秋の季語】秋分の日
  7. 【新年の季語】二日
  8. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜

おすすめ記事

  1. 【春の季語】惜春
  2. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  3. 【夏の季語】サングラス
  4. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  5. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  6. 【夏の季語】田植
  7. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  8. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  9. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  10. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】

Pickup記事

  1. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年7月分】
  3. 【新年の季語】小正月
  4. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔
  5. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  6. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  9. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
PAGE TOP