季語・歳時記

【春の季語】鶯

【春の季語=三春(2月〜4月)】鶯

春を告げる鳥。

夏になると「老鶯」と呼ばれるが、別に老けたわけではない。

冬の鶯は「ホーホケキョ」とは鳴かずに「チャチャチャ」と鳴くが、これは「笹鳴」と呼ばれて冬の季語とされている。

鶯餅」や「鶯笛」もまた、春の季語。


【鶯(上五)】
鶯や亜米利加人に買はれゆく 野村泊月
鶯の啼き間違ひをして遊ぶ 後藤夜半
鶯や夢窓国師は機と書せり 和田魚里
うぐひすや寝起よき子と話しゐる 星野立子
鶯のしきりに鳴いて風呂ぬるし 本田あふひ
鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉
鴬やかまどは焔をしみなく 橋本多佳子
鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子
うぐひすのこゑが障子にたまるかな 八田木枯
鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子
鶯の気の遠くなる遠さより 鷹羽狩行
鶯のこゑのためにも切通し 鷹羽狩行
鶯やしやぶるくちよりでるめだま 山田耕司
うぐひすや名もなく川のはじまれる しなだしん
鶯や倒木のほのあたたかく 川嶋一美
鶯を鶯笛としてみたし 西村麒麟

【鶯(中七)】
少女才長け鶯の鳴き真似する 三橋鷹女
人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
釣人のうしろ鶯きやーと鳴く 阿部青蛙

【鶯(下五)】
背のびして羽ふるはせてうぐひすの 瀧井孝作
二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子

【ほかの季語と】
鶯や夏ゆふぐれの光陰に 川端茅舎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】歌留多会
  2. 【春の季語】鴨帰る
  3. 【秋の季語】長薯/薯蕷
  4. 【夏の季語】父の日
  5. 【春の季語】春の泥
  6. 【冬の季語】狐
  7. 【冬の季語】春近し
  8. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏

おすすめ記事

  1. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  2. 【冬の季語】冬木立
  3. 【冬の季語】花八手
  4. 【冬の季語】納豆
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  6. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  7. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【中編】
  8. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  9. 【冬の季語】ラグビー
  10. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】

Pickup記事

  1. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  2. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【14】/野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)
  4. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
  5. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  6. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  7. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第124回】髙坂小太郎
  9. 【春の季語】雛あられ
  10. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
PAGE TOP