ハイクノミカタ

二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ 飯島晴子【季語=鶯(春)】


二人でかぶる風折烏帽子うぐひすとぶ)

飯島晴子

『八頭』は、最初の三句集よりもより華やか、煌びやかで、気高い。それでいて、狩、肉などの荒々しさもある。

掲句はまず、風折烏帽子と鶯。鶯と狩、鶯と風。絶妙な合い口である。そして、風折烏帽子という一つの様式と、鶯という一つの様式、それとは全く別の、もっと原始的で、情緒を伴わない「うぐひすとぶ」という姿。色々なことが似ていてたり真逆だったりという複雑なネットワークにより、一句が深みを増す。

そして「二人でかぶる」には、風折烏帽子をかぶるという硬さに対して、はにかむような柔らかさがある。そして、風折烏帽子をかぶって、きっと横並びではなく一人がもう一人についてゆくように、二人は野へ出掛けるのだろう。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔50〕蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子
>>〔49〕雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子
>>〔48〕鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子
>>〔47〕紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子
>>〔46〕辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子
>>〔45〕白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子
>>〔44〕雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子
>>〔43〕髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子
>>〔42〕ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
>>〔41〕人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子
>>〔40〕年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子
>>〔39〕白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
>>〔38〕新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
>>〔37〕狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  2. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  3. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  4. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  5. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  6. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  7. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  8. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】

おすすめ記事

  1. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第78回】脇本浩子
  3. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  4. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  5. 【冬の季語】小寒
  6. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  7. 葉桜の夜へ手を出すための窓 加倉井秋を【季語=葉桜(夏)】
  8. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  9. 【冬の季語】十一月
  10. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  2. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】
  3. 「体育+俳句」【第1回】菊田一平+野球
  4. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】
  5. 祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
  6. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
  7. 突として西洋にゆく暖炉かな 片岡奈王【季語=暖炉(冬)】
  8. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  9. 【#27】約48万字の本作りと体力
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第93回】井上弘美
PAGE TOP