ハイクノミカタ

東京や涙が蟻になってゆく 峠谷清広 【季語=蟻(夏)】


東京や涙がになってゆく

峠谷清広 

小学低学年の頃、庭の片隅の蟻の巣を見ているのが好きで、よく見ていた。今でも好きで、蟻の巣を発見すると、しゃがみ込んでじっと見入っている。理想は薄い玻璃の容器に土を入れての巣穴の観察である。 

 図鑑などにあるように、本当に幾つもの部屋があるのだろうか?女王蟻は最深部に部屋を作るのだろうか?など、興味津々の有様であり。然し乍ら、ズボラな私としては、餌やりを忘れてしまったり、いろいろな世話をおろそかにしてしまったりする可能性が充分あり、蟻の世界を死滅させてしまう可能性も充分あり、手を出し兼ねている。  

小学高学年の頃、庭の片隅の蟻たちのために一大遊戯場、現在で言うところのテーマパークを作ろうと思い立ち、細かな枝や木の葉を使ってゲートを拵えたり、山を作って洞穴を拵えたり、石段を拵えたり、頂上に神社みたようなものを拵えたり、小石で囲まれたオープンレストラン、蟻百匹来場可能、ステージ併設、そのレストランには砂糖やキャラメルなどを置いた、などを作った。然し乍ら親の心子知らずと敢えて言うべきか、当の蟻たちは普段と変わらぬ狩猟採集生活を送っていたのであり、たまに山を登る蟻を見かけても、石段は利用せず、神社までも行かず三合目あたりで、何を考えているのか、元へ引き返したりするのであり、経営側としてはほとほと困ったこともあった。そんなわけで、蟻の一大テーマパークは寂れて行きもとの土や砂やに戻った。 

季語は蟻。「海程新鋭集 第5集(1998)」に収録。 

東京とひとくちに言っても、その意味するところの形態や規模は、さまざまだ。島や市町村を含む東京都全体を指す場合、東京23区に限る場合、大手町、霞ヶ関、永田町、銀座など東京都心を指す場合等が考えられる。または新宿、渋谷など特定の地域を思い浮かべる人もあれば、東京駅や、その周辺を思い浮かべる人もあるだろう。或いは、自分のかつて住んでいた都内の風景を思い浮かべる人もあるだろう。そんな漠然とした東京のイメージを、まず思い浮かべる。 

 ここでの「東京や」という強い切れ字を伴う表現は、作者固有の東京のイメージであるかもしれない。上京して来てから住んだ土地、学校のある土地、職場のある土地、結婚してから住んだ土地、映画やテレビドラマ、小説などで抱いた東京の土地のイメージ、それらが複合的重曹的に組み合わさって、生まれた作者にとっての東京のイメージが形成される。それを踏まえた上での感慨だ。

 職場でか家庭でか、なにか辛いことがあって公園へたどり着いた。ベンチに一人で座っていると、悲しみが込み上げて来て、知らず知らずのうちに涙が零れた。後から後から涙が出て、声を立てずに泣く。涙は砂地に落ちて、黒い染みをつくった。その黒い染みを見ていると、その辺りに蟻が一匹歩いている。一匹と見えた蟻は、目が蟻に慣れるに従って、実は五匹歩いていたのであり、周辺にもっと多くの蟻が見えて来た。涙が蟻にメタモルフォーゼしたかのように歩いてゆく、ということでもあり、ベンチに座って悲しみのあまり、じっと手のひらを見ているうちに泣けて来た。涙が手のひらへ落ちて、ルイス・ブニュエルの映画「アンダルシアの犬」のワンシーンのように、手のひらから蟻がたくさん湧いて出てきた(錯覚)ということでもあり、涙から蟻への転換が興味あるのである。ありがとう。

中嶋憲武


【執筆者プロフィール】
中嶋憲武(なかじま・のりたけ)
昭和35年(1960)東京生まれ。
平成6年(1994)「炎環」入会。作句をはじめる。 平成11年(1999)「炎環」新人賞。
平成12年(2000)「炎環」同人。
平成21年(2009)炎環賞。炎環エッセイ賞。
平成29年(2017)銅版画でANY展(原宿)参加。電子書籍「日曜のサンデー」。
平成30年(2018)攝津幸彦記念賞優秀賞。
平成31年(2019)第0句集「祝日たちのために(港の人)」。 「炎環」「豆の木」「豈」所属。
山岸由佳さんとの共同サイト「とれもろ」toremoro.ne.jp
「週刊俳句」で西原天気さんと「音楽千夜一夜」連載中。

祝日たちのために
中嶋憲武 著
(港の人、2019年)
価格 1650円(税込)
ISBN 978-4896293623

2018年、第4回攝津幸彦記念賞・優秀賞を受賞した気鋭の俳人の、句(120句)+銅版画(13点)+散文(17篇)を収めたユニークな第一句集。句は2018年にツイッターで呟いたツイッター句であり、時代の風景にスリリングに迫っている。

■収録作品より
蟻塚を越え来て淋しい息つく
夏炉あかるく人語に星を数へ得ず
海の鳥居の晩春の石は鳥になる
手が空いてゐる月白の舟を出す
葛湯吹いて馬の体躯の夜がある


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年7月の火曜日☆村上瑠璃甫のバックナンバー】
>>〔1〕先生が瓜盗人でおはせしか 高浜虚子

【2024年6月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔5〕早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔
>>〔6〕夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生
>>〔7〕鯖買ふと決めて出てゆく茂かな 岩田由美
>>〔8〕缶ビールあけて東京ひびきけり 渡辺一二三

【2024年6月の水曜日?☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔124〕留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子
>>〔125〕金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし

【2024年6月の木曜日☆中嶋憲武のバックナンバー】
>>〔1〕赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂
>>〔2〕街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平
>>〔3〕楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男
>>〔4〕汗の女体に岩手山塊殺到す 加藤楸邨

【2024年5月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔1〕今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男
>>〔2〕本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明
>>〔3〕夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり
>>〔4〕菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ

【2024年5月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔5〕たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之
>>〔6〕捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々
>>〔7〕主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな
>>〔8〕青嵐神社があったので拝む 池田澄子
>>〔9〕万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃

【2024年5月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔4〕一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥
>>〔5〕しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生
>>〔6〕パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子
>>〔7〕ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ

【2024年4月の火曜日☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔119〕初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎
>>〔120〕東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎
>>〔121〕朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎
>>〔122〕春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎
>>〔123〕わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら
>>〔3〕春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 一つだに動かぬ干梅となりて 佛原明澄【季語=干梅(夏)】
  2. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
  3. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  4. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  5. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  6. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  7. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  8. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】

おすすめ記事

  1. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  2. 【夏の季語】ごきぶり
  3. 【新連載】きょうのパン句。【#2】ル・フィヤージュ
  4. 【夏の季語】紫陽花
  5. 万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃【季語=万緑(夏)】
  6. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  7. 【冬の季語】蓮枯る
  8. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  9. 【冬の季語】忘年会
  10. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】凩(木枯)
  2. 【新年の季語】歌留多会
  3. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  4. 【冬の季語】短日
  5. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  7. 【春の季語】雛祭
  8. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
  9. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  10. 六月を奇麗な風の吹くことよ 正岡子規【季語=六月(夏)】
PAGE TOP