ハイクノミカタ

本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】


本の背は金の文字押し胡麻の花

田中裕明

結社誌『秋草』の中に、「よしきり句会抄」「春秋句会抄」という連載記事があった。前者は波多野爽波、後者は田中裕明の拾遺句を鑑賞するという内容であり、山口昭男主宰が執筆されていた。その記事をきっかけに、田中裕明の俳句に魅かれていった。

 「秋草」鍛錬会の打ち上げの、お好み焼き屋だったかと思う。話の流れで「春秋句会抄」の連載を引き継がせていただくことになった。酔った勢いで、裕明の素晴らしさを語ったような気がするが、はっきりとは覚えていない。それから四年間、おもに『先生から手紙』の時代の句を鑑賞した。毎月三十句ほどの中から七句を選び、思いつくままに句のよさを書いた。読み返してみると、なんとも要領を得ない文章で恥ずかしくもあるが、自由に書かせていただいてありがたかった。裕明から学んだもっとも大きなことは、俳句は「わかる」に媚びることはない、ということだ。

掲句は1991年の拾遺句。本棚に収まっている背表紙の金の凹み。それに「胡麻の花」という季語である。そこに理屈はない。むしろ、上十二の措辞によって、胡麻の花がより鮮明に見えてくるのである。季語が動かないが、なぜ「胡麻の花」なのかはうまく説明できない。一つの季語でたくさんの俳句をつくることを繰り返し、季語と懇ろになっていくことで、やっとその境地に到達できるのであろう。

この句に魅かれたのは、私が無類の本好きなことにも起因している。美しい装幀の本を見つけると幸せな気分になり、ついつい欲しくなってしまうので困っている。ちなみに、私の第一句集『王国の名』の背表紙は黒の箔押しであり、表紙には「Names of The Kingdom」という英題が白で箔押しされている。装幀家の濱崎実幸氏のアイデアで、大変気に入っている。

常原 拓


【執筆者プロフィール】
常原 拓(つねはら・たく)
1979年 神戸市生まれ
2016年 「秋草」入会 山口昭男に師事
2023年 第7回俳人協会新鋭俳句賞準賞
2024年 第一句集『王国の名』

第7回俳人協会新鋭俳句賞準賞受賞の「秋草」所属の中堅俳人。
待望の第一句集。

常原拓句集『王国の名』

四六判変型上製
200ページ
2000円(税別)

ISBNコード
978-4861985805


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年5月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔1〕今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男

【2024年5月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔5〕たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之
>>〔6〕捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々

【2024年5月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔4〕一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥
>>〔5〕しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生

【2024年4月の火曜日☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔119〕初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎
>>〔120〕東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎
>>〔121〕朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎
>>〔122〕春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎
>>〔123〕わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら
>>〔3〕春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  2. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  3. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子
  4. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  5. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  6. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)…
  7. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  8. アカコアオコクロコ共通海鼠語圏  佐山哲郎【季語=海鼠(冬)】

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  2. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  3. 【冬の季語】冬眠
  4. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  5. 【新年の季語】どんど焼
  6. 【春の季語】初桜
  7. 【夏の季語】草田男忌/炎熱忌
  8. 【冬の季語】節分
  9. 【春の季語】シクラメン
  10. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】

Pickup記事

  1. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  2. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  3. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  4. 【秋の季語】夜長/長き夜(よ) 夜の長し 夜長人 夜長酒
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  6. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  8. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  9. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  10. 麦打の埃の中の花葵 本田あふひ【季語=花葵(夏)】
PAGE TOP