ハイクノミカタ

春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子【季語=春の夢(春)】


春の夢魚からもらふ首飾り

井上たま子

季語【春の夢】

その夢を見たのは、
高校に入学する、少し前のことだった。

僕は海の中にいた。見上げるとそこには、
ゆらゆらと揺れる水面を通して、歪んだ形の太陽が見えた。
時折僕の口から溢れる気泡の音以外は、全くの静寂だった。
より深いところを目指し、僕は潜り続けていった。

海の青は次第に濃縮されていき、
ついには光の届かない、暗闇に包まれた。
しかし、そこで向かう方向を見失うわけにはいかない。
僕は今まで来た方向、つまり海底と思われる場所に向け、
さらに潜り続けていった。

突然、何ともわからない、おそろしい音が聞こえてきた。
獣の咆哮のような、あるいは誰かの怒鳴り声のような。
音は次第に、急激に高まっていき、僕の全身を包み込んだ。
恐怖心の塊のような感情が沸き起こったが、
引き返すわけにはいかないと決めて、僕はそのまま進んで行った。

すると次第に、音は闇の中に消え去っていき、
また新しい静寂が訪れた。漆黒の中を進んでいると、
その先に、小さな光が見えてきた。
近づくにつれて、それは何かの建物から漏れる窓の光だ、
ということがわかってきた。

次の瞬間、僕は真っ白な光の空間の中にいた。
広大の空間のその遥か先に、玉座のようなものが見える。
僕はその玉座に向かって歩いていった。

玉座に座っていたのは、一匹の魚だった。
魚はまっすぐに僕を見つめていたが、
その顔からはどんな表情を読み取ることもできなかった。
魚の言葉が、まっすぐに僕の心に届いた。

「なぜあなたがここにきたのかわかりますか?」

わかりません、と僕は答えた。
魚はしばらく黙っていたが、その沈黙の意図もわからない。

「あなたに、渡すものがあるからです」

ふと見ると、僕の手の中に、美しい首飾りがあった。
いくつも連なる硝子のような球体の中に、
海の碧とも、木々の翠ともつかない色が、ゆっくりと動いていた。
その色の美しさと動きは、僕の目を捉えて離さなかった。
どうしてこれを僕にくれるのですか?と僕は尋ねた。

魚はじっと僕を見つめ、そして答えた。

「それがあなたに、とてもよく似合うからです。」

僕はその首飾りを身につけた。
それはぴたりと僕の首に巻きついた。
まるで元々あった体の一部のように。
魚はそれを見届けると、口から巨大な気泡を一つ放ち、
その泡の影に隠れるようにして消えた。

春の夢魚からもらふ首飾り
井上たま子

※気になる一句から膨らむストーリーを書いていきます。作者の人生、作句の背景とは、全く関係がありません。その点ご理解、ご容赦いただけると幸いです

小助川駒介


【執筆者プロフィール】
小助川駒介(こすけがわ・こますけ)
『玉藻』同人。第三回星野立子賞受賞。
星野椿先生主催の超結社句会「二階堂句会」の司会進行係。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年4月の火曜日☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔119〕初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎
>>〔120〕東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎
>>〔121〕朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎
>>〔122〕春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  2. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  3. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  4. 鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白 村上鞆彦【季語=鶺鴒(秋)】
  5. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】
  6. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
  7. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  8. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  2. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  3. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  4. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  5. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
  6. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  7. 瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏 堀本裕樹【季語=瑠璃蜥蜴(夏)】
  8. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】
  9. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦
  10. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
  2. 【春の季語】鳥の恋
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  4. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】
  5. 【夏の季語】夏の夢
  6. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  7. 1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
  8. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 
  9. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  10. 【春の季語】椿
PAGE TOP