ハイクノミカタ

春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】


春山もこめて温泉の国造り

高濱虚子


「温泉」は「いでゆ」と読む。花巻温泉にはいくつも碑があるが、そのうちのひとつがこの句だ。「〜もこめて」という、ともすれば変に調子が良くて芋っぽくも思える、なんかぬっとした感じの措辞が、なんとも虚子らしくて良い。虚子を読んでいると、こういうぬっとした感じが癖になってくる。

下部温泉の「湯元ホテル」にも「裸子をひつさげあるくゆの廊下」という虚子の句碑がある。中七の「ひつさげあるく」が気分をよく表している。虚子は1946年8月に『ホトトギス』六百号記念俳句会で下部温泉を訪れている。温泉地と俳句大会との関わりを掘っていくと面白そうな感じはある。

安里琉太


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔27〕毛皮はぐ日中桜満開に      佐藤鬼房
>>〔26〕あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷
>>〔25〕鉛筆一本田川に流れ春休み     森澄雄
>>〔24〕ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒
>>〔23〕厨房に貝があるくよ雛祭    秋元不死男
>>〔22〕橘や蒼きうるふの二月尽     三橋敏雄
>>〔21〕詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女
>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】…
  2. 秋の餅しろたへの肌ならべけり 室生犀星【季語=秋の餅(秋)】
  3. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  4. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  5. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】
  6. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  7. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季…
  8. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏雄
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  3. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  4. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  5. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  6. 父がまづ走つてみたり風車 矢島渚男【季語=風車(春)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
  9. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  10. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)

Pickup記事

  1. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  2. 彎曲し火傷し爆心地のマラソン 金子兜太
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  4. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  5. 【夏の季語】葉桜
  6. 【冬の季語】毛糸
  7. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  9. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  10. 【冬の季語】豆撒く
PAGE TOP