ハイクノミカタ

氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人【季語=氷(冬)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

氷上の暮色ひしめく風の中

廣瀬直人


具体物は「氷」くらいであって、割と抽象的な景だ。「暮色ひしめく」という把握は、「風」と関連して成り立っているのだろうけれど、ともすれば幻視的な感じさえある。

構図がかなりはっきりしている。
まず「氷上」によって空間が示されるわけだが、下五では更に「風の中」という位置関係が提示される。フレームワークが用意されていて、その内側の領域に抽象的な景が収められている。

筑紫磐井は『飯田龍太の彼方へ』(深夜叢書社・1994)で、龍太の類型性を指摘している。たとえば、句末表現で言えば、「〜のこゑ」や「〜の音」、また「〜の中」がそれである。
少し話は逸れるが、蛇笏の最後の句集『椿花集』は龍太が纏めたものだ。ここには、「〜のこゑ」(山呼びて夏深むこゑ山鴉、よるべなく童女のこゑの日々寒し、乱鶯のこゑ谷に満つ雨の日も)や「〜音」(秋たつときけばきかるる山の音)、「〜の中」(菱採りのはなるるひとり雨の中、露踏んで四顧をたのしむ山の中)といった龍太の句の類型表現が、すでにして見られる。

(安里琉太)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞



安里琉太のバックナンバー】

>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣
>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 葱白く洗ひたてたるさむさ哉 芭蕉【季語=葱(冬)】
  2. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  3. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】…
  4. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  5. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  6. 昼顔のあれは途方に暮るる色 飯島晴子【季語=昼顔(夏)】
  7. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  8. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP