連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ


野菜の冷製テリーヌ

Terrine froide de légumes


野菜の冷製テリーヌ。パプリカ、オクラ、さやいんげんと人参をゼリー寄せにした、わが家定番の前菜です。
食材は冬のものではありませんが、オクラの断面が星のように見えて、クリスマスメニューにもぴったり。

今夜は冬至。
クリスマスが12月25日とされたのは、キリスト教伝播の過程で古代ゲルマンの冬至祭と結びついたためと言われます。
冬至の夜が明けると、日一日と太陽が力を取り戻してゆく。キリスト教以前の時代、冬至は生命の復活を意味する重要な祭りだったのでしょうね。

よく眠る夢の枯野が青むまで  金子兜太

季語【枯野】【クリスマス】【冬至】【人参】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  2. 【#39】炎暑の猫たち
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年9月分】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第20回】遠賀川と野見山朱鳥…
  5. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  6. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  7. 【投稿募集】アゴラ・ポクリット
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】

おすすめ記事

  1. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
  2. 【春の季語】春寒
  3. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  4. 【冬の季語】梅早し
  5. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  6. 【春の季語】春塵
  7. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  8. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】
  9. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  10. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】

Pickup記事

  1. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 
  2. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  3. 【春の季語】ヒヤシンス
  4. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】
  5. クッキーと林檎が好きでデザイナー 千原草之【季語=林檎(秋)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  7. 【冬の季語】冬に入る
  8. 夏蝶の口くくくくと蜜に震ふ 堀本裕樹【季語=夏蝶(夏)】
  9. 叱られて目をつぶる猫春隣 久保田万太郎【季語=春隣(冬)】
  10. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
PAGE TOP