連載・よみもの

【#32】『教養としての俳句』の本作り


【連載】
趣味と写真と、ときどき俳句と【#32】


『教養としての俳句』の本作り

青木亮人(愛媛大学准教授)


NHK出版が手がける『学びのきほん』シリーズというのがあり、2022年秋にそのシリーズから俳句関連の本を刊行させてもらった。

 写真:青木亮人『教養としての俳句』(NHK出版)

『学びのきほん』の位置付けは各ジャンルの入門の入門といった感じで、各分野の特徴やエッセンスを一般の方々向けに分かりやすく説く、といった方針である。

ジャンルは幅広く、例えば人類学(松村圭一郎氏)キリスト教(山本芳久氏)哲学(若松英輔氏)料理(土井善晴氏)読書(高橋源一郎氏)等々が刊行されている。その中に俳句ジャンルも加わることになったというわけだ。

俳句入門書の多くは実作を前提とした内容だが、『学びのきほん』シリーズの拙著では実作を中心に据えず、俳句独特の魅力や特徴はいかなる点か、といった方向でまとめてみた。

『学びのきほん』シリーズを手に取る方は、芸術や歴史、思想その他について広く教養を身につけたいと感じる方が多いという。そのため、俳句表現や俳句史の細かい話よりもダイジェスト的にエッセンスを綴る形にした。

内容をまとめながら題名を思案していた際、編集部から『教養としての俳句』というアイディアをいただき、簡潔かつ要を得た題に感じたため、題は即決で決まった。

本書の「まえがき」では、題名に「教養」という名を付した意味を明らかにしながら──このあたりは説明すると長くなるために関心のある方は本書をご覧いただきたい──、1章につなげる形で「教養」のありようをまとめている。

無論、句作をされている方が手に取っても再確認できたり、学びにつながる内容になるようにも留意した。どの程度上手くいったかどうかは分からないが、とにかく本としては出来上がり、11月頃から店頭に並ぶようになった。

書籍を刊行する際に感じることだが、本は一人の力で出来ることではなく、多くの方との共同作業で出来上がっていることを毎回実感する。無論、今回も強く感じた。編集の白川貴浩さん並びに編集部スタッフの方々、また校正の牟田都子さん、及び装丁及びイラストを担当下さった鈴木千佳子さんには感謝の他ない。

上品でありながらポップで親しみやすい雰囲気も湛えた装丁は素晴らしく、それに校正も隅々まで行き届き、また学ぶ点も多かった。特に今回は文章校正を通じて自分の文章の特徴や傾向を認識することができ、個人的に大きな発見があったのも嬉しかった。 

先日、その拙著が増刷になったとのことで、ありがたい限りだ。今後の本の作成も、スタッフや担当の方々と協力しながら良い本を生み出すことができれば嬉しい。

【次回は12月30日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生まれ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】

>>[#31] ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
>>[#30] 公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
>>[#29] スマッシング・パンプキンズと1990年代
>>[#28] 愛媛県の岩松と小野商店
>>[#27] 約48万字の本作りと体力
>>[#26-4] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
>>[#26-3] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
>>[#26-2] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
>>[#26-1] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
>>[#25] 写真の音、匂い
>>[#24] 愛媛の興居島
>>[#23] 懐かしいノラ猫たち
>>[#22] 鍛冶屋とセイウチ
>>[#21] 中国大連の猫
>>[#20] ミュンヘンの冬と初夏
>>[#19] 子猫たちのいる場所
>>[#18] チャップリン映画の愉しみ方
>>[#17] 黒色の響き
>>[#16] 秋の夜長の漢詩、古琴
>>[#15] 秋に聴きたくなる曲
>>[#14] 「流れ」について
>>[#13-4] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
>>[#13-3] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
>>[#13-2] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
>>[#13-1] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)


>>[#12] 愛媛のご当地菓子
>>[#11] 異国情緒
>>[#10] 食事の場面
>>[#9] アメリカの大学とBeach Boys
>>[#8] 書きものとガムラン
>>[#7] 「何となく」の読書、シャッター
>>[#6] 落語と猫と
>>[#5] 勉強の仕方
>>[#4] 原付の上のサバトラ猫
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・…
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」桃のティアン
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート
  4. 【句集を読む】標準と平凡のありか──小川軽舟 第5句集『朝晩』(…
  5. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  6. 【#17】黒色の響き
  7. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8

おすすめ記事

  1. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  2. かいつぶり離ればなれはいい関係 山﨑十生【季語=鳰(冬)】
  3. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  4. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  5. 【春の季語】鶯笛
  6. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  7. 海女ひとり潜づく山浦雲の峰 井本農一【季語=雲の峰(夏)】
  8. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  9. 【秋の季語】小鳥来る
  10. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第1回】2012年・皐月賞

Pickup記事

  1. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
  2. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  3. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  4. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  5. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  6. 木の中に入れば木の陰秋惜しむ 大西朋【季語=秋惜しむ(秋)】
  7. 【冬の季語】節分会
  8. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第3回】青柳飛
  10. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
PAGE TOP