連載・よみもの

【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)


【連載】
趣味と写真と、ときどき俳句と【#26-4】


愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)

青木亮人(愛媛大学准教授)


※前回1はこちら→https://sectpoclit.com/aoki-26-1/
※前回2はこちら→https://sectpoclit.com/aoki-26-2/
※前回3はこちら→https://sectpoclit.com/aoki-26-3/

現在、宇和島で催される牛鬼まつりは和霊神社の神輿の先導役を担っており、祭りの最終日にあたる7月24日の昼に牛鬼が市内を練り歩き、商店街アーケードにも入って邪気を祓う。夕方頃になると神社の神輿が出御し、牛鬼が清めた市内を練りながら港へ向かい、御座船に移って海上を渡御する。

日はすでに没し、各所を練り歩いた他の神輿や牛鬼は大量の提灯や篝火で照らされた須賀川に集い始める。川岸や橋は見物客で埋めつくされており、やがて海上渡御を終えた神社の神輿が河口付近に現れ、担がれた神輿が川を遡り始めると町全体がどよめくように盛り上がり、人々は昂揚感に包まれるのだった。

川には高々と御神竹が立てられ(十五メートルほど)、先端に取り付けられた御幣を若衆がよじ登り(御神竹は滑りやすく、高いために御幣まで届かないことも多い)、見事掴むことが出来た瞬間に喧噪は頂点を迎え、それを合図に神輿は一気に神社へ入り、階段を駆け上がる走りこみを見せて和霊大祭は幕を閉じる。

2015年の和霊大祭の映像。神輿が須賀川の神幸橋付近に集っており、4:05あたりに神幸橋上の牛鬼の姿が見える。7:00あたりから若衆が川に立てられた御神竹に攀じ登り、10:19頃で御幣を掴み取っている。

こういった大祭の熱気は地元の人々には違和感がないかもしれないが、獅子文六や大竹伸朗氏のように南予に移住した人士には町を丸ごと包む昂揚感が新鮮であり、どこか眩しく感じられたのかもしれない。無論、獅子文六が岩松に住んだのは二年弱で、大竹伸朗氏は移住して三十年以上も経っているため、同列に捉えることはできまい。ただ、南予で生まれ育った人々が当然のように毎年味わう陶酔感と、一歩引いたところで祭りを眺める感触はやはり異なるように感じられ、その点では獅子文六と大竹氏の筆致は近いといえなくもない。

そのように考えると、地元の人々の間でも大祭や牛鬼に対する接し方は多様であったろうことに気付く。例えば、地元の名士だった高畠亀太郎の場合はいかなるものだったのだろう。

亀太郎は挿絵画家で著名な高畠華宵の長兄であり、宇和島の実業家として成功した人物である。政治家としても活躍し、宇和島市会議員や愛媛県会議員、また衆議院議員を務め、宇和島市長としても采配を振るうなど、地元では盛名隠れなき存在だった。

権謀術数渦巻く実業と政治の世界で生き続け、しかも成功を手中に収めた亀太郎には俳句の趣味があり、公務等から身を退いた晩年は句作に耽ることを愉しんでいる。

その彼は、牛鬼を詠んだことがあった。弟の華宵が全国に知られる不滅の挿絵画家として名を轟かせる中(戦後は忘れられた存在だったが、再び脚光を浴びて各地で回顧展が催された)、兄の亀太郎は地元の牛鬼祭を眺めている。

  伊予路ゆかし牛鬼荒るゝ里祭  亀太郎

(終)

【次回は9月30日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生れ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】

>>[#26-3] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
>>[#26-2] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
>>[#26-1] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
>>[#25] 写真の音、匂い
>>[#24] 愛媛の興居島
>>[#23] 懐かしいノラ猫たち
>>[#22] 鍛冶屋とセイウチ
>>[#21] 中国大連の猫
>>[#20] ミュンヘンの冬と初夏
>>[#19] 子猫たちのいる場所
>>[#18] チャップリン映画の愉しみ方
>>[#17] 黒色の響き
>>[#16] 秋の夜長の漢詩、古琴
>>[#15] 秋に聴きたくなる曲
>>[#14] 「流れ」について
>>[#13-4] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
>>[#13-3] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
>>[#13-2] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
>>[#13-1] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)


>>[#12] 愛媛のご当地菓子
>>[#11] 異国情緒
>>[#10] 食事の場面
>>[#9] アメリカの大学とBeach Boys
>>[#8] 書きものとガムラン
>>[#7] 「何となく」の読書、シャッター
>>[#6] 落語と猫と
>>[#5] 勉強の仕方
>>[#4] 原付の上のサバトラ猫
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯…
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第46回】小野寺清人
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第43回】 淋代海岸と山口青…
  7. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  8. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#6
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第6回】
  3. ふところに四万六千日の風 深見けん二【季語=四万六千日(夏)】
  4. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  5. 【冬の季語】水洟
  6. 【連載】俳人のホンダナ!#7 矢野玲奈
  7. 息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子【季語=底冷(秋)】
  8. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  9. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  10. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】

Pickup記事

  1. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  2. 夕立や野に二筋の水柱 広江八重桜【季語=夕立(夏)】
  3. 【冬の季語】冬薔薇
  4. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  5. 【秋の季語】山椒の実
  6. 【秋の季語】白式部
  7. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  8. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  9. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ
PAGE TOP