連載・よみもの

趣味と写真と、ときどき俳句と【#04】原付の上のサバトラ猫

趣味と写真と、ときどき俳句と
【#04】原付の上のサバトラ猫

青木亮人(愛媛大学准教授)


いつものように散歩していると、あるマンションの駐車場に猫がいるのを見かけた。そのマンションは一階が車や原付、自転車を駐めるスペースになっており、猫は原付の座席シートの上で眠そうにしていた。

それとなく近づいてみると、猫は逃げる風もない。サバトラ猫で、人慣れしているらしく、座席上で香箱座りのまま両目を閉じかけ、うつらうつらしていた。

その時は眺めるだけで立ち去ったが、それからは散歩の時にマンションの前を通るようにし、1階の駐車スペースを覗くとよく猫を見かけた。何匹かいるらしく、猫たちはたいてい眠そうにしており、原付の座席シートや車のボンネットの上で眠そうにしている。

ある時も散歩の際にマンションの駐車スペースをのぞくと、例のサバトラ猫が原付の座席上で丸まっていた。静かに近づいてみると、猫は閉じかかったまぶたをほんの少し開き、再び目を閉じてうつらうつらし始めた。

私は少し間を置いてから近づき、猫の頭の方へ静かに手を差し伸べ、そっと撫でてみた。猫は一瞬ピクッとしたが、その後はされるがままだった。頭の上から耳の後ろのあたりを柔らかく撫でると、目を閉じながら気持ちよさそうにしていた。

写真を撮った時も、午後のサバトラ猫は原付の上で眠そうにしていた。確か、コシナのNokton Classic(ノクトン・クラシック)のレンズで撮ったと思う。曇り気味の日で、駐車スペースには人気もなく、ひっそりしていた。私は猫の身体が呼吸とともに静かに上下するのをしばらく眺め、写真を撮り、午後の眠気を乱さないようにそっと立ち去った。

撮影=青木亮人(禁無断転載)

【次回は2月28日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生れ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  7. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  8. 【#17】黒色の響き

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  3. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  4. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】
  5. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  6. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  7. 【秋の季語】残暑
  8. 悉く全集にあり衣被 田中裕明【季語=衣被(秋)】
  9. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  10. 【夏の季語】万緑

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬の滝
  2. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 
  3. 底紅や黙つてあがる母の家 千葉皓史【季語=底紅(秋)】
  4. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  5. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗
  6. 【書評】中沢新一・小澤實『俳句の海に潜る』(角川書店、2016年)
  7. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  8. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  9. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  10. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
PAGE TOP