連載・よみもの

【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代


【連載】
趣味と写真と、ときどき俳句と【#29】


スマッシング・パンプキンズと1990年代

青木亮人(愛媛大学准教授)


スマッシング・パンプキンズの”1979”を聞いていると懐かしい気持ちになる。

大学時代によく聞いていた曲で、1996年頃にラジオからよく流れていた。確かその年度のグラミー賞を獲得したように覚えている。

私はこのバンド(“スマパン”と呼ばれていた)が好きだったこともあり、同時期に出たCDアルバムを部屋でよく聞いていた。

晴れた日には窓を開け放ち、湧かしたコーヒーを注いだマグカップを机に置いた後、ミニコンポにスマパンのCDをセットする。本棚から好きな本を抜き取って椅子に座った後、スピーカーから流れる”1979”を聞きながら本のページを繰り、煙草を吸い、コーヒーを飲んだ。

春にはそよ風がカーテンを揺らし、秋には涼しさを帯びた風がコーヒーから立ち上がる湯気を揺らした。私はスマパンの”1979”や彼らの他の曲を聞きながら、様々な本を読み耽った。チェーホフの『三人姉妹』もそういう時期に読んだ作品だ。

マーシャ それでも意味は?

トゥーゼンバッハ 意味……ほら雪がふっています。どんな意味があります? (間)

マーシャ 人間は信仰がなくちゃならない、あるいは信仰を探さねばならない、あたしには思えますわ、でなければ、人間の生活は空虚で、空虚で……生きていて知っていないなどということは、なんのために鶴は飛ぶのか、なんのために子供は生まれるのか、なんのために星は空にあるのか……つまり、なんのために生きているのか、それを知っていること、でなければそれこそすべては下らない、とるに足らないことになってしまいますわ。(間)

ヴェルシーニン それにしても惜しいな、青春が過ぎ去ったことは。

(チェーホフ『三人姉妹』、湯浅芳子訳)

そのうち晩になると、友人や恋人から電話がかかってきたりする(携帯電話がない時代だった)。

私はミニコンポのスマパンのCDを止め、読みかけの本を机に伏せて着替え、街の盛り場で彼らと落ち合い、酒を呑んだり、クラブでぼんやりしたりした。

夜明け前の空には青ざめるように薄明が広がり始め、やがて家々や道路に朝日が射しそめる頃、家に戻ることもあった。

シャワーを浴びてさっぱりした後、ミニコンポのスイッチを入れてスマパンの”1979”を流し、一息つく。その後は机の上に置いたままの読みかけの本を手に取り、ベッドに寝転がりながら続きを読んだりした。

“Junebug skippin’ like a stone

With the headlights pointed at the dawn

We were sure we’d never see an end

To it all

And I don’t even care

To shake these zipper blues…”

(Smashing Pumpkins “1979”)

今から振り返ると、なかなか悪くない時代だった。

【次回は11月15日ごろ配信予定です】


【執筆者プロフィール】
青木亮人(あおき・まこと)
昭和49年、北海道生れ。近現代俳句研究、愛媛大学准教授。著書に『近代俳句の諸相』『さくっと近代俳句入門』など。


【「趣味と写真と、ときどき俳句と」バックナンバー】

>>[#28] 愛媛県の岩松と小野商店
>>[#27] 約48万字の本作りと体力
>>[#26-4] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
>>[#26-3] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(3)
>>[#26-2] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
>>[#26-1] 愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
>>[#25] 写真の音、匂い
>>[#24] 愛媛の興居島
>>[#23] 懐かしいノラ猫たち
>>[#22] 鍛冶屋とセイウチ
>>[#21] 中国大連の猫
>>[#20] ミュンヘンの冬と初夏
>>[#19] 子猫たちのいる場所
>>[#18] チャップリン映画の愉しみ方
>>[#17] 黒色の響き
>>[#16] 秋の夜長の漢詩、古琴
>>[#15] 秋に聴きたくなる曲
>>[#14] 「流れ」について
>>[#13-4] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
>>[#13-3] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
>>[#13-2] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
>>[#13-1] 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)


>>[#12] 愛媛のご当地菓子
>>[#11] 異国情緒
>>[#10] 食事の場面
>>[#9] アメリカの大学とBeach Boys
>>[#8] 書きものとガムラン
>>[#7] 「何となく」の読書、シャッター
>>[#6] 落語と猫と
>>[#5] 勉強の仕方
>>[#4] 原付の上のサバトラ猫
>>[#3] Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
>>[#2] 猫を撮り始めたことについて
>>[#1] 「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  4. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  6. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅

おすすめ記事

  1. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】
  2. 【冬の季語】鴨
  3. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  5. ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  6. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
  7. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  8. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  9. ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子【季語=ストーブ(冬)】
  10. 【春の季語】鳥曇

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第15回】能登と飴山實
  2. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  3. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  4. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  5. 【冬の季語】聖菓
  6. 【春の季語】浅蜊
  7. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  9. 【秋の季語】鴨渡る
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
PAGE TOP