ハイクノミカタ

鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子


鹿や鶏の切紙下げる思案かな)

飯島晴子

 思案ということは、現時点では鹿や鶏の切紙を下げていないというわけである。私は「提げる」という意味合いで読んだ。切り抜かれた鹿や鶏を腕にぴらぴらぶらさげて引きずるというイメージである。しかも鹿「や」鶏という言い方からは、「と」に比べれば賑やかな雰囲気が出ると思う。それを思案するという行為には、義務感のようなものも感じられるし、同時に楽しみな気分も感じられる。鹿、鶏が切紙に、そしてその切紙が思案にというふうに、実のあるものからだんだん希薄なものへと置き換わってゆくところに、一種の寂しさがある。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)…
  2. 日まはりは鬼の顔して並びゐる 星野麦人【季語=向日葵(夏)】
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣…
  5. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 
  6. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  7. 松葉屋の女房の円髷や酉の市 久保田万太郎【季語=酉の市(冬)】
  8. 目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生

おすすめ記事

  1. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
  2. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第96回】中島憲武
  5. 【冬の季語】クリスマス
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年3月分】
  7. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  9. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  10. 【#24】愛媛の興居島

Pickup記事

  1. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】
  2. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  3. 秋櫻子の足あと【第6回】谷岡健彦
  4. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】
  5. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】
  6. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  7. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  8. 【新年の季語】繭玉
  9. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月17日配信分】
PAGE TOP