冬の季語

【冬の季語】冬の川

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬の川

【ミニ解説】

冬になると川の水は量が減ってゆき、流れも細くなる。

あたりの草はやがて枯れ尽くし、川原はさびしい感じに。

冬川」とも。


【冬の川(上五)】
冬の川石飛び渡り越えにけり 正岡子規
冬の川キンキンたればふところで 富澤赤黄男
冬の川仏事おほかたうとましき 飯田龍太 
冬の川曲がりしあとは光のみ 仙田洋子
冬の川駅の下へと潜りけり 抜井諒一

【冬の川(中七)】

【冬の川(下五)】
雲絶えて源涸れぬ冬の川 正岡子規
谷深み杉を流すや冬の川 夏目漱石
ときをりは光となれり冬の川 鷲谷七菜子
家の裏ばかり流れて冬の川 細見綾子
地芝居の白塗にそふ冬の川 飯島晴子
野をゆけど野に親しまず冬の川 田中裕明
来歴のやうにいつぽん冬の川 伊藤白潮
人の死にささやくばかり冬の川 石寒太
一枚の布覆ひたる冬の川  山岸由佳


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】椿
  2. 【春の季語】囀
  3. 【秋の季語】吾亦紅
  4. 【春の季語】鳥の恋
  5. 【冬の季語】クリスマスカード
  6. 【冬の季語】セーター
  7. 【夏の季語】父の日
  8. 【冬の季語】年逝く(年行く)

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋高し
  2. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  4. 【冬の季語】毛糸
  5. 鰡と鯊どちらにされるかを選べ 関悦史【季語=鰡(秋)・鯊(秋)】
  6. 【春の季語】春二番
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(8)/池田澄子さん
  8. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
  9. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  10. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】

Pickup記事

  1. 【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】
  2. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  3. 好きな繪の賣れずにあれば草紅葉 田中裕明【季語=草紅葉(秋)】
  4. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  5. ミャンマーを思う
  6. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  7. 【春の季語】椿寿忌
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
PAGE TOP