冬の季語

【冬の季語】冬の川

【冬の季語=初冬〜晩冬(11〜1月)】冬の川

【ミニ解説】

冬になると川の水は量が減ってゆき、流れも細くなる。

あたりの草はやがて枯れ尽くし、川原はさびしい感じに。

冬川」とも。


【冬の川(上五)】
冬の川石飛び渡り越えにけり 正岡子規
冬の川キンキンたればふところで 富澤赤黄男
冬の川仏事おほかたうとましき 飯田龍太 
冬の川曲がりしあとは光のみ 仙田洋子
冬の川駅の下へと潜りけり 抜井諒一

【冬の川(中七)】

【冬の川(下五)】
雲絶えて源涸れぬ冬の川 正岡子規
谷深み杉を流すや冬の川 夏目漱石
ときをりは光となれり冬の川 鷲谷七菜子
家の裏ばかり流れて冬の川 細見綾子
地芝居の白塗にそふ冬の川 飯島晴子
野をゆけど野に親しまず冬の川 田中裕明
来歴のやうにいつぽん冬の川 伊藤白潮
人の死にささやくばかり冬の川 石寒太
一枚の布覆ひたる冬の川  山岸由佳


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】蓮枯る
  2. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  3. 【新年の季語】松納
  4. 【冬の季語】梅探る
  5. 【冬の季語】冬の滝
  6. 【秋の季語】秋分
  7. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  8. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…

おすすめ記事

  1. みすずかる信濃は大き蛍籠 伊藤伊那男【季語=蛍籠(夏)】
  2. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  3. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  4. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  6. ガンダムの並ぶ夜業の机かな 矢野玲奈【季語=夜業(秋)】
  7. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  8. 【春の季語】早春
  9. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第119回】木戸敦子

Pickup記事

  1. 【冬の季語】掘炬燵
  2. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  3. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】
  4. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
  5. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【14】/野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)
  7. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
  8. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  9. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  10. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
PAGE TOP