冬の季語

【冬の季語】毛糸

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】毛糸

羊などの動物の毛を紡いで作った糸。

毛糸玉」として売られていることも多い。

毛糸編む」、「セーター」、「マフラー」も、冬の季語。


【毛糸(上五)】

【毛糸(中七)】
母とわれがつながり毛糸まかれゆく 寺山修司

【毛糸(下五)】
許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】煤逃
  2. 【夏の季語】梅干(梅干し)
  3. 【冬の季語】夕霧忌
  4. 【夏の季語】たかんな
  5. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  6. 【春の季語】子猫
  7. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  8. 【秋の季語】鴨渡る

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】小春日
  2. 【春の季語】雛祭
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  4. 【冬の季語】十一月
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  6. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
  7. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】
  8. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  9. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  10. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】

Pickup記事

  1. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  2. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第50回】 黒部峡谷と福田蓼汀
  4. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  5. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  7. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
  8. 【春の季語】巣箱
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  10. 【冬の季語】おでん
PAGE TOP