冬の季語

【冬の季語】マフラー

【冬の季語=三冬(11〜1月)】マフラー

【解説】

首に巻く防寒具で、日常的にはマフラーと呼ばれる。

形・色・大きさはさまざまあり、単なる防寒具ではなくファッションを兼ねている。

襟巻」「首巻」とも。

【関連季語】肩掛、ショール


【マフラー(上五)】
まふらあは七つの冬のねずみ色 竹尾敦子
マフラーの赤多感なり碩(かわら)に出て 桜井博道
マフラーをまいてつばさをあたためて 児玉硝子
マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子
マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美
マフラーやうれしきまでに月あがり 岸本尚毅
マフラーは明るく生きるために巻く 澤田和弥

【マフラー(中七)】
巻き直すマフラー妻のなすがまま 酒匂禮子
淋しからねどマフラーに顔うづめ 片山由美子
もう戻れないマフラーをきつく巻く 黛まどか
泣かぬふりしてマフラーを巻き戻す 松永典子
ポーの町までマフラーをぐるぐるまき 冬野虹
犬曳きて少女マフラーの尾を流す 川畑火川
短めが好きマフラーも言の葉も 神野紗希

【マフラー(下五)】
基地に近き女は派手にマフラ巻く 小西翠飴
可燃ごみの袋に透けて我がマフラー 池田澄子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒椿
  2. 【冬の季語】冬の日
  3. 【冬の季語】夕霧忌
  4. 【秋の季語】天の川
  5. 【冬の季語】雪達磨
  6. 【春の季語】四月
  7. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  8. 【春の季語】雛

おすすめ記事

  1. デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生【季語=落葉(冬)】
  2. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  3. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  4. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  5. 【冬の季語】クリスマスツリー
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈
  7. たべ飽きてとんとん歩く鴉の子 高野素十【季語=鴉の子(夏)】
  8. 【夏の季語】草ロール
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】

Pickup記事

  1. 【春の季語】愛の日
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  3. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  4. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  7. 【冬の季語】豆撒く
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月9日配信分】
  9. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  10. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
PAGE TOP