ハイクノミカタ

マフラーの長きが散らす宇宙塵 佐怒賀正美【季語=マフラー(冬)】


マフラーの長きが散らす宇宙塵

佐怒賀正美


昨年12月、小惑星リュウグウの石や砂などの試料入りカプセルが、小惑星探査機「はやぶさ2」本体から切り離されて、宇宙空間から大気圏に突入、流れ星のような火球となって降下し、オーストラリアの砂漠地帯に帰還したのは記憶に新しい。

果てしない宇宙空間と地球との繋がりに心躍るニュースであるが、実は、宇宙科学という人の営みの結晶ともいえるこのカプセルだけでなく、自然の営みの中においても、宇宙空間から大気圏の層をくぐり抜け、地球に降り注いでいるものがある。それが掲句の眼目であり、すこぶる魅力的な〈宇宙塵(うちゅうじん)〉だ。

宇宙から降ってくるものの中で、人が目で確かめられるほどの大きさをもつものを隕石(いんせき)、人が目で確かめられる大きさの限界以下のものを〈宇宙塵〉とよぶ。その限界とはだいたい人の髪の太さ、100〜200μm(マイクロメートル)(0.1~0.2mm)といわれており、多くの〈宇宙塵〉は直径数μm(マイクロメートル)というから非常に小さいことがわかるだろう。ちなみに、地表に落ちてくる途中で大気との摩擦(まさつ)によって燃えつきるものもありそれは流星として私たちの目に映る。

なんと〈宇宙塵〉は地球に1年間に100万トンも降ってきているらしい。また1年間に1平方メートルあたり1粒の割合で、地球上に落下しているという。筆者の計算が正しければ、新宿御苑であれば、1日に1597粒、セントラル・パークであれば、1日に11808粒に降ってきているとのこと。散歩中のわたしたちの肩に降りかかっていることだってあり得る。

マフラーの長きが散らす宇宙塵

だから冬の外出時に首に巻くマフラーが、〈宇宙塵〉を散らすことだってあり得るのだ。

その〈宇宙塵〉1粒の化学組成は太陽の化学組成とほぼ同じであるということで、それは45.6億年前の太陽系形成時に、〈宇宙塵〉が形成されたことを意味するという。

地球上の日常アイテムの〈マフラー〉と、光年の彼方から来た、太陽系と年齢をともにする、目に見えない微粒子〈宇宙塵〉との出会いの楽しさに目まいする思いだ。

言い換えれば〈マフラーの長きが散らす〉までの地球上の日常の何気ない動作が〈宇宙塵〉によって宇宙規模の物語に変容している。上五中七そして下五と読むに従って、意識の世界の範囲が広がる快感を、皆さんにぜひ味わっていただきたい。

日頃の生活の中では、自分が宇宙にいるという実感はないかもしれないが、それは紛れもない事実ということを、掲句は思い出させてくれるのだ。

さあ、今日は、宇宙に住む一員として、マフラーをして出かけてみよう!!

と、筆を置こうと思った矢先に、〈宇宙塵〉のさらなる情報が筆者の目に入った。地球上に落ちてくるものの他にも、太陽系内の惑星間や、さらに太陽系外の恒星間に宇宙空間に分布する固体の微粒子も〈宇宙塵〉と呼ぶらしいのだ。

この〈宇宙塵〉は、天球上における太陽の見かけ上の通り道である黄道(こうどう)のあたりに広がり、日が暮れた直後の西の地平線、もしくは明け方の東の地平線から、太陽の光を反射して、天頂に向かって伸び、天の川よりも淡い光の帯となる。これは黄道光(こうどうこう)とも呼ばれ、日本ではおもに、ちょうど今、1月から3月に見られるという。

マフラーの長きが散らす宇宙塵

そう思って読んでみると、このマフラーがぐんぐんと伸びてゆき、とても〈長〉く、それも宇宙規模に〈長〉くなって天空の黄道光を散らす風景が見えてきた。こんな想像の楽しさも、皆さんにぜひ体験していただきたい。

マフラーの長きが散らす宇宙塵

最後にここだけの話だが、実は掲句を声に出して「まふらーのながきがちらすうちゅうじん」と読むと、頭は一瞬どうしても〈うちゅうじん〉を「宇宙人」と思いたいらしい。

そのたびに、ふふっと微笑む筆者を「それもお見通し」と、ふわっと包み込む、宇宙規模の度量の広さを掲句に感じてしまう。

〈宇宙塵〉は、好奇心・想像力・諧謔(かいぎゃく)(ユーモア)精神を備えた豊かな独創性の賜物(たまもの)として句中にあり、その独創性が、読者の好奇心・想像力・諧謔(ユーモア)精神を活性化し、読者を奇想天外な世界へ誘ってくれる。掲句は、小惑星リュウグウから来た、宇宙の秘密を蓄えたカプセルのように、わくわく感満載の一句なのだ。

 「無二」  (ふらんす堂・2018年)

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  2. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  3. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  4. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
  5. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  6. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】
  7. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  8. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】

おすすめ記事

  1. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  3. 【冬の季語】鮟鱇
  4. 【秋の季語】秋の暮/秋の夕 秋の夕べ
  5. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  6. 【冬の季語】火事
  7. 【夏の季語】薔薇
  8. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  9. 【春の季語】旧正月
  10. 【秋の季語】秋分

Pickup記事

  1. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  2. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  3. 鵙の贄太古のごとく夕来ぬ 清原枴童【季語=鵙の贄(秋)】
  4. 秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子【季語=秋山(秋)】
  5. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  6. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】
  7. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】
  8. 【冬の季語】冬木
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  10. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
PAGE TOP