ハイクノミカタ

鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鏡台や猟銃音の湖心より)

藺草慶子


祖母の部屋に黒檀の古い鏡台があった。

祖母は几帳面な人で、簡素な作りの鏡台にはいつ見ても埃一つついていない。三面鏡になっていて、鏡面は微妙に青みがかっている。私は祖母に育てられたので、小さい頃はその鏡台の近くでよく遊んでいた。

今思い返しても不思議なことに、祖母が鏡台の前に座っている記憶はない。おそらく孫に自分が化粧をする姿を見せることはしなかったのだろう。記憶の中に居るのはいつも、おそるおそる三面鏡をひらき、中を覗き込んでいる幼い私である。うす青い鏡の世界はどこかこの世のものではないようで、緊張した面持ちの私の背後には普段より少し暗い畳の部屋が広がっていた。

 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子

鏡台はある種のメタモルフォーゼの場所であるように思う。鏡、という言葉以上に使用者のことがイメージされるし、秘密を覗き込むような背徳性を含んだ言葉である。掲句の鏡台には何が映っているのだろう。猟銃音は果たして現実のものなのか。本来静かなはずの湖心から死を伴った音が響いてくるという描写、そして湖面と鏡面の類似性が重層的に迫り、読み手の認識を混乱させる。飛躍した読みであることは承知の上で、私はこの音はある家の鏡台の裡から響いてくるものと信じているのである。

藺草慶子は山口青邨、斎藤夏風に師事。句は句集「野の琴」より引いた。

川原風人)


【執筆者プロフィール】
川原風人(かわはら・ふうと)
平成2年生まれ。鷹俳句会所属。平成30年、鷹新人賞受賞。俳人協会会員



【2021年12月の火曜日☆小滝肇のバックナンバー】

>>〔1〕柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺    正岡子規
>>〔2〕内装がしばらく見えて昼の火事   岡野泰輔

【2021年12月の水曜日☆川原風人のバックナンバー】

>>〔1〕綿入が似合う淋しいけど似合う    大庭紫逢
>>〔2〕枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」   林翔

【2021年11月の火曜日☆望月清彦のバックナンバー】

>>〔1〕海くれて鴨のこゑほのかに白し      芭蕉
>>〔2〕木枯やたけにかくれてしづまりぬ    芭蕉
>>〔3〕葱白く洗ひたてたるさむさ哉      芭蕉
>>〔4〕埋火もきゆやなみだの烹る音      芭蕉
>>〔5-1〕蝶落ちて大音響の結氷期     富沢赤黄男【前編】

【2021年11月の水曜日☆町田無鹿のバックナンバー】

>>〔1〕秋灯机の上の幾山河        吉屋信子
>>〔2〕息ながきパイプオルガン底冷えす 津川絵理子
>>〔3〕後輩の女おでんに泣きじゃくる  加藤又三郎
>>〔4〕未婚一生洗ひし足袋の合掌す    寺田京子

【2021年10月の火曜日☆千々和恵美子のバックナンバー】

>>〔1〕橡の実のつぶて颪や豊前坊     杉田久女
>>〔2〕鶴の来るために大空あけて待つ  後藤比奈夫
>>〔3〕どつさりと菊着せられて切腹す   仙田洋子
>>〔4〕藁の栓してみちのくの濁酒     山口青邨

2021年10月の水曜日☆小田島渚のバックナンバー】

>>〔1〕秋の川真白な石を拾ひけり   夏目漱石
>>〔2〕稻光 碎カレシモノ ヒシメキアイ 富澤赤黄男
>>〔3〕嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
>>〔4〕野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな   永田耕衣


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  2. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  3. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  4. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】…
  5. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  6. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  7. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  8. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP