ハイクノミカタ

露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】


露草を持つて銀行に入つてゆく)

飯島晴子

 たまたま道端で摘んだ露草を持ったまま銀行に入っていったという程度の状況ではあろうが、露草が何か銀行で必要なものであるかのような、御伽噺的な雰囲気も漂う。「露」と「銀」が微妙に響き合うところもある。「入つてゆく」という措辞は、露草がみずみずしい外気から、かわいた屋内の空気の中へと移るその過程を見せてくれる。

 このように、縦長のものを手に持つという描写は、掲句所収の『春の蔵』には頻出する。

  青芒かついで友のうしろへまはる

  サフランもつて迅い太子についてゆく

  稗もつて粟もつてみな叱りあふ

  わが繊き杖ありアネモネにたてて

  春山に鯉抱へたる一騎なり

  晩の服きつねのかみそり挿してやる

  舟虫の崖人形を抱いてゆく

 いくらでも例は挙がる。それに特別の意味を見出すつもりはないが、これもまた同句集中によく登場する「王子」のもつ笏のような印象も重なり、全身の力がそこに集まるように思える。あるいは、〈わが繊き〉は実際に「杖」が示されているが、他の句においても、杖のように、移動のための支えという感じもある。ごつごつしたところを歩くという私の勝手な晴子のイメージからの連想かもしれない。

 晴子は「言葉の現れるとき」という文章の中で、作句の過程を、暗闇をたどってゆくことに擬え、「もう人に使われなくなって久しいきれぎれの道を、地形に添ってさぐり当てていくのは、言葉の質感を大切にして意識の暗闇をたどるのに似ていないこともな」いと述べている。ある作品が提示された際には、暗闇をたどった形跡は全て消されるわけだから、時として句が大胆に見えたり、あるいは突飛に見えたりするのは、ある意味では当然なのである。作者としては、もはや作ってしまった後はその道のりを覚えていないかもしれないが、予測の出来ない暗闇の中を、「地形に添ってさぐり当てていく」というこの努力が必要なのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  2. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】
  3. 数と俳句(一)/小滝肇
  4. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  5. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  6. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  7. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  8. 立ち枯れてあれはひまはりの魂魄 照屋眞理子

おすすめ記事

  1. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  3. 【秋の季語】秋の空
  4. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】
  5. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  6. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】
  7. 切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  9. 鉄橋を決意としたる雪解川 松山足羽【季語=雪解川(春)】
  10. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  2. 【春の季語】鴨帰る
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三
  4. 凍る夜の大姿見は灯を映す 一力五郎【季語=凍る(冬)】
  5. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年4月分】
  7. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  8. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  10. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
PAGE TOP