ハイクノミカタ

本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】


本州の最北端の氷旗)

飯島晴子

 晴子逝去前年、長女と下北半島を巡った際の句。その旅程には実際に大間崎も含まれていた。本州のある種の顔として北国の夏の光にはためくこの氷旗は、たくましくも寂しい。たまたま本州最北端にある氷店の旗である。何かの象徴のようで、何の象徴でもない。北側に遮るもののない開放感がよい。

 そしてその氷旗のもとへくる晴子の確かな足取りが感じられるのである。〈氷水これくらゐにして安達ヶ原〉はその二十年以上前の作であるが、この句もどこか、力強い足取りで遠くへ連れて行ってくれそうなところがある。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子
>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  2. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)…
  3. 向日葵をつよく彩る色は黒 京極杞陽【季語=向日葵(夏)】
  4. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  5. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  6. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  7. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  8. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井…

おすすめ記事

  1. こまごまと大河のごとく蟻の列 深見けん二【季語=蟻(夏)】
  2. 温室の空がきれいに区切らるる 飯田晴【季語=温室(冬)】
  3. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  4. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
  5. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  6. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  7. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  8. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  9. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  10. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】

Pickup記事

  1. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  2. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  3. 【冬の季語】冬の月
  4. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  5. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  6. あかくあかくカンナが微熱誘ひけり 高柳重信【季語=カンナ(秋)】
  7. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】
  8. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  9. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  10. 【秋の季語】新酒/今年酒
PAGE TOP