ハイクノミカタ

あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】


あたたかき十一月もすみにけり

中村草田男

11月も今日で終わり。

歳時記の中で見ていただけではどこか漠然としていたものが、実際にその物や季節を体験するとすとんと腑に落ちる句がある。

私にとってこの句はその中のひとつ。

小春日のつづく11月は冬といっても暖かな日和が多い。しかも年の終わりに近づいているにもかかわらず、時間の流れが穏やかだ。

12月に入ると一気に年末の慌しさとなる。

今年は感染症の影響で、常とは違う時間が流れてはいたが、それでもやはり、穏やかな日和は変わることなくそこにあって、季節はたしかに動いていることに気づかせてくれる。

あたたかき十一月もすみにけり

11月という穏やかに過ぎた日々への感慨。

「十一月の」ではなく「十一月も」には、11箇月という歳月の積み重ねへの感慨も同時に含まれている。

この時季に口ずさむと、何とも味わい深い一句。

日下野由季


🍀 🍀 🍀 季語「十一月」については、「セポクリ歳時記」もご覧ください。


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  2. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  3. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀
  4. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  5. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】
  6. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  7. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  8. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】

おすすめ記事

  1. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  2. 流氷は嘶きをもて迎ふべし 青山茂根【季語=流氷(春)】
  3. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  4. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  5. 悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし 波多野爽波【季語=夜食(秋)】
  6. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】
  7. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  8. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  9. いつまでも死なぬ金魚と思ひしが 西村麒麟【季語=金魚(夏)】
  10. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  2. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  3. 大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【最終回】方相氏
  6. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】
  7. 【冬の季語】雪野
  8. 【新年の季語】初日記
  9. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#15
  10. 【冬の季語】春待つ
PAGE TOP