ハイクノミカタ

この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】


この人のうしろおびただしき螢)

飯島晴子

 こう言いながらも、蛍は一匹だに見えていないのだと思われる。夥しい数の蛍が「この人」のうしろに完全に密封されているような緊張感が、掲句にはある。

 掲句の二句前には〈親友や螢の池をあひへだて〉があり、私は「親友」と掲句の「この人」を同一人物と見ている。すると、友に対する親しみというよりかは、池を隔てて眺め、そしてうしろに無数の蛍を隠している友に対する畏れのようなものが前面に出てくる。掲句の収められている『春の蔵』には〈貝殻草で窓を叩いてゆく戦友〉〈栗園の小雨歩いてくる畏友〉など、やはり行動力のある、畏れを抱くべき対象としての「友」が登場する。〈青芒かついで友のうしろへまはる〉でもやはり、友は、追従すべき存在として示されている。

 以前にも紹介した、晴子の案外受身な姿勢、そして親しみよりは畏れを重視する精神が表れている一句であろう。なお、〈青芒〉の句こそ色々な意味で晴子らしい句なのであるが、これはまた別に扱いたいと思う。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】

>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子
>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  2. 母の日の義母にかなしきことを告ぐ 林誠司【季語=母の日(夏)】
  3. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  4. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  5. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】
  6. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  7. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】
  8. 夢に夢見て蒲団の外に出す腕よ 桑原三郎【季語=蒲団(冬)】

おすすめ記事

  1. たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之【季語=汐干(春)】
  2. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  3. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】
  4. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】
  5. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  6. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  7. 魚のかげ魚にそひゆく秋ざくら 山越文夫【季語=コスモス(秋)】
  8. まどごしに與へ去りたる螢かな 久保より江【季語=蛍(夏)】
  9. 【秋の季語】秋分の日
  10. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#02】猫を撮り始めたことについて

Pickup記事

  1. 秋灯の街忘るまじ忘るらむ 髙柳克弘【季語=秋灯(秋)】
  2. 【夏の季語】夏至
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  4. 【冬の季語】兎狩
  5. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】
  6. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第23回】木曾と宇佐美魚目
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ
PAGE TOP