夏の季語

【夏の季語】日傘

【ミニ解説】

外出時のUV対策には必需品。


【日傘(上五)】
日傘さし海美しとひとことを  茨木和生
日傘差す人を大人と呼ぶ人も 杉田菜穂

【日傘(中七)】
昼が夜となりし日傘を持ちつづけ 波多野爽波
開きたる日傘忽ち城をなす  後藤比奈夫
寺町を日傘のほかは通らざる  日美清史
坂の上日傘沈んでゆきにけり 大串章
祈りとは白き日傘をたたむこと 渡辺誠一郎
国あげてひがし日傘をさしゆけり  大井恒行
あひみての後の日傘をひるがへす 中尾杏子
この街に生くべく日傘購ひにけり 西村和子
橋上に日傘をひらく合図かな  夏井いつき
結界は日傘の及ぶところまで  櫂未知子
昂然と仏蘭西日傘ひらきけり 櫂未知子

【日傘(下五)】
山うどの山出て市は日傘かな 一茶
鈴の音のかすかにひびく日傘かな 飯田蛇笏
遠くよりゴルフ見てゐる日傘かな  大場白水郎
けふのことけふに終らぬ日傘捲く 上田五千石
玄室を出て人の世の日傘さす  有馬朗人
臨時総会なる薄暗がりに日傘 渡辺誠一郎
思ひ出のあらねばかろき日傘かな  西村和子
折り合いをつけにゆく日やまず日傘 津田このみ
世を恋ひて明日に倦みをり日傘さす  仙田洋子
ため息の一つこぼるる日傘かな 藤本夕衣
階に差し掛かりたる日傘かな 堀切克洋

【その他】
美術館より白日傘黒日傘 浦川聡子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】息白し
  2. 【春の季語】東風
  3. 【冬の季語】マフラー
  4. 【春の季語】蝶
  5. 【夏の季語】父の日
  6. 【秋の季語】白式部
  7. 【冬の季語】時雨
  8. 【冬の季語】日短

おすすめ記事

  1. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
  2. 【夏の季語】蟇
  3. 【冬の季語】大晦日
  4. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  5. 【新年の季語】歌留多
  6. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  7. 【新年の季語】左義長
  8. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  9. 水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人【季語=雪(冬)】
  10. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】

Pickup記事

  1. だんだんと暮色の味となるビール 松本てふこ【季語=ビール(夏)】
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  3. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  4. 三角形の 黒の物体の 裏側の雨 富沢赤黄男
  5. 【春の季語】春の塵
  6. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  7. シゴハイ【第4回】中井汰浪(「浪乃音酒造」蔵元)
  8. 【秋の季語】秋の空
  9. 【春の季語】鶯
  10. 【冬の季語】春近し
PAGE TOP