冬の季語

【冬の季語】冬桜

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬桜

俳句では冬に咲く「桜」を総称的に「冬桜」または「寒桜」と呼び習わしている。

品種としての「フユザクラ」は、「ヤマザクラ」と「マメザクラ」が自然に交配してできたものとされ、伊豆半島と房総半島には自生も見られる。主な開花期は11~12月と4月の年2回だが、その間も細々と咲き続ける。そのため、季節外れのサクラとして町おこしなどに積極的に利用されている。特に桜山公園のフユザクラは「三波川の冬桜」として名高く、国の天然記念物に指定。

冬に咲く桜は他にもジュウガツザクラ、カンヒザクラ、カンザクラ、コブクザクラなどがある。

しばしば歳時記には「寒桜は寒緋桜のこと」という記載があるが、厳密にいえば、品種としての「カンザクラ」は「カンヒザクラ」とヤマザクラ系統の「サトザクラ」(あるいはハヤザキオオシマ)の雑種とされるバラ科の落葉広葉樹。江戸時代後期から観賞用として植栽されてきた。


【冬桜(上五)】
冬桜失禁の父慰めて 今井 聖
冬桜三十畳を拭きあげて 夏井いつき
冬桜猫消えてゐる倉庫裏 岡田由季

【冬桜(中七)】

【冬桜(下五)】
うつし世のものとしもなし冬桜 鈴木花蓑
人の世のしばらく遠し冬ざくら 鷲谷七菜子
青空に消えてしまひし冬ざくら 岸田稚魚
日は未形(みぎょう)色さめざめと冬桜 山田みづえ
はなびらの小皺尊し冬ざくら 三橋敏雄
舞うほどの花びら持たず冬桜 宇咲冬男
梅よりも白しと思ふ冬桜 後藤比奈夫
留守電に在りし日の声冬桜 小谷迪靖
古きよき厠のにほひ冬桜 小川軽舟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】嚏(嚔)
  2. 【秋の季語】秋薔薇
  3. 【冬の季語】枯野
  4. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  5. 【冬の季語】ラグビー
  6. 【冬の季語】冬至
  7. 【春の季語】屋根替
  8. 【冬の季語】忘年

おすすめ記事

  1. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  2. 【春の季語】子猫
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第10回】写真と俳句のグループ展のこと
  4. 【春の季語】二月
  5. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  6. 【冬の季語】一月
  7. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  8. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  9. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  10. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】

Pickup記事

  1. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】
  2. 【春の季語】猫の子
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【番外編】
  4. 【秋の季語】小鳥来る
  5. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  6. 水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子【季語=金魚(夏)】
  7. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  10. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】
PAGE TOP