冬の季語

【冬の季語】冬桜

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬桜

俳句では冬に咲く「桜」を総称的に「冬桜」または「寒桜」と呼び習わしている。

品種としての「フユザクラ」は、「ヤマザクラ」と「マメザクラ」が自然に交配してできたものとされ、伊豆半島と房総半島には自生も見られる。主な開花期は11~12月と4月の年2回だが、その間も細々と咲き続ける。そのため、季節外れのサクラとして町おこしなどに積極的に利用されている。特に桜山公園のフユザクラは「三波川の冬桜」として名高く、国の天然記念物に指定。

冬に咲く桜は他にもジュウガツザクラ、カンヒザクラ、カンザクラ、コブクザクラなどがある。

しばしば歳時記には「寒桜は寒緋桜のこと」という記載があるが、厳密にいえば、品種としての「カンザクラ」は「カンヒザクラ」とヤマザクラ系統の「サトザクラ」(あるいはハヤザキオオシマ)の雑種とされるバラ科の落葉広葉樹。江戸時代後期から観賞用として植栽されてきた。


【冬桜(上五)】
冬桜失禁の父慰めて 今井 聖
冬桜三十畳を拭きあげて 夏井いつき
冬桜猫消えてゐる倉庫裏 岡田由季

【冬桜(中七)】

【冬桜(下五)】
うつし世のものとしもなし冬桜 鈴木花蓑
人の世のしばらく遠し冬ざくら 鷲谷七菜子
青空に消えてしまひし冬ざくら 岸田稚魚
日は未形(みぎょう)色さめざめと冬桜 山田みづえ
はなびらの小皺尊し冬ざくら 三橋敏雄
舞うほどの花びら持たず冬桜 宇咲冬男
梅よりも白しと思ふ冬桜 後藤比奈夫
留守電に在りし日の声冬桜 小谷迪靖
古きよき厠のにほひ冬桜 小川軽舟


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】蓮枯る
  2. 【新年の季語】どんど焼
  3. 【冬の季語】落葉
  4. 【秋の季語】梨
  5. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  6. 【夏の季語】夜の秋
  7. 【春の季語】猫の恋
  8. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】初詣
  2. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  3. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  4. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  5. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  7. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】
  8. 【春の季語】涅槃絵図
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  10. 神は死んだプールの底の白い線  高柳克弘【季語=プール(夏)】

Pickup記事

  1. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  2. 【秋の季語】天高し
  3. 汗の女体に岩手山塊殺到す 加藤楸邨【季語=汗(夏)】
  4. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  5. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  6. 【書評】鈴木牛後 第3句集『にれかめる』(角川書店、2017年)
  7. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】
  8. 新涼やむなしく光る貝釦 片山由美子【季語=新涼(秋)】
  9. 夏潮のコバルト裂きて快速艇 牛田修嗣【季語=夏潮(夏)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
PAGE TOP