【秋の季語】鶏頭/鶏頭花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】鶏頭/鶏頭花

【解説】俳句では、まずもって子規の〈鶏頭の十四五本もありぬべし〉で知られる花ですが、鶏のトサカを思わせるかたちから、そのように呼ばれています。赤が一般的ですが、黄や白の花もあります。

【関連季語】鶏頭蒔く(春)、葉鶏頭など。

【鶏頭】
鶏頭のやうな手を上げ死んでゆけり  富澤赤黄男
鶏頭を三尺離れもの思ふ       細見綾子
犬がゐて鶏頭の地のやや濡るる    桂信子
衰へし犬鶏頭の辺を去らず      桂信子
鶏頭の濡れくづれたり暗き海     安東次男
鶏頭や仏間に入りし風死んで     能村登四郎
鶏頭の下鶏頭を抜きし穴       川崎展宏
鶏頭に鶏頭ごつと触れゐたる     川崎展宏
ヒト科ヒトふと鶏頭の脇に立つ    攝津幸彦
鶏頭をこづいて友のきたりけり    矢島渚男
鶏頭やおゝと赤子の感嘆詞      矢島渚男
朝の舟鶏頭の朱を離れたり      大串章
火に投げし鶏頭根ごと立ちあがる   大木あまり
鶏頭にざらついてゐる日差しかな   井上弘美
鶏頭のどこ掴みても剪りがたし    河内静魚
鶏頭の短く切りて置かれある     岸本尚毅
鶏頭の俄かに声を漏らしけり     曾根 毅

【鶏頭花】
身のなかに種ある憂さや鶏頭花    中村苑子
水飲んで眼の渇く鶏頭花       柘植史子
鶏頭花ポテトサラダをつくりけり   藤田哲史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る