冬の季語

【冬の季語】白菜

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】白菜

【ミニ解説】

明治時代に中国から渡来した、冬野菜の代表的なもの。

漬物、煮物、鍋物には欠かせない。


【白菜(上五)】
白菜の孤独 太陽を見送つている 吉岡禅寺洞
白菜の一枚づつの白さの差 阿波野青畝
白菜やところどころに人の恩 阿部完市
白菜洗ふ死とは無縁の顔をして 寺田京子
白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
白菜に体温移る抱きごころ 鳥居おさむ
白菜を洗ふ双手は櫂の冷え 大木あまり
白菜を翼はづせるごとく剥く 宮坂静生
白菜のうちがわにいるお母さん 小枝恵美子
白菜を山積みにして富士隠す 能村研三
白菜の断面桂信子の死 八田木枯
白菜が祖母抱きしめて透きとおる 田島健一
白菜を載せてベニアのべこと鳴る 津久井健之
白菜を真二つにして優しい人 田邊大学

【白菜(中七)】
年末もちかい 白菜きりみだしてある 吉岡禅寺洞
洗ひ上げ白菜も妻もかがやけり 能村登四郎
閻王が斎の白菜ひた白し 藤田湘子
さすらえば白菜ゆるく巻かれている 田口満代子
さりながら保留白菜透き通る 櫂未知子
ブレーカー落つ白菜は食べごろに 黄土眠兎 
古本の脇に白菜積まれけり 相沢文子

【白菜(下五)】
街灯のしたでひといき白菜と 藤田俊
夜空吸ひこみ嵩張るんよ白菜 小川楓子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬の滝
  2. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  3. 【冬の季語】熊
  4. 【夏の季語】サングラス
  5. 【夏の季語】涼し
  6. 【新年の季語】歌留多
  7. 【冬の季語】嚏(嚔)
  8. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)

おすすめ記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  2. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第68回】堀田季何
  4. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  5. 【冬の季語】蓮枯る
  6. 【秋の季語】草の花
  7. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  8. 【新年の季語】嫁が君
  9. 【冬の季語】冬の滝
  10. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】

Pickup記事

  1. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  2. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  3. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  5. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】
  6. おそろしき一直線の彼方かな 畠山弘
  7. 郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜浪【季語=郭公(夏)】
  8. 【夏の季語】昼寝
  9. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  10. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#6】
PAGE TOP