冬の季語

【冬の季語】日短

【冬の季語=初冬〜仲冬(11〜12月)】日短

【ミニ解説】

「短日(たんじつ)」の和語バージョン。

下五に置かれることもあるが、そのときは「ひ・みじか」と空白をとって五音にあわせて読む。

「日短か」と「か」を送ることもある。


【日短(上五)】
日短かやかせぐに追ひつく貧乏神 小林一茶

【日短(中七)】
あたたかき日は日短きこと忘れ 後藤比奈夫

【日短(下五)】
うせものをこだはり探す日短か 高濱虚子
いもうとの告別式よ日短か 京極杞陽
山の辺の道どこまでも日短 星野立子
とつぷりと遊びて須磨の日短 田畑美穂女
よらでゆく島に手を振る日短か 吉屋信子
用多き机のメモや日短か 吉屋信子
人間は管より成れる日短 川崎展宏
塔頭の箒目つよし日短か 大峯あきら
日沈む方へ歩きて日短か 岸本尚毅
講堂の椅子をつみあげ日短か 藤本夕衣
動物園入口に蛇日短 江渡華子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春分
  2. 【新年の季語】俎始
  3. 【秋の季語】秋の風
  4. 【春の季語】鳥の恋
  5. 【秋の季語】新蕎麦
  6. 【新年の季語】初詣
  7. 【冬の季語】豆撒く
  8. 【秋の季語】コスモス

おすすめ記事

  1. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  2. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  4. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  6. 【冬の季語】熊
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  8. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  9. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年9月分】

Pickup記事

  1. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  2. 【夏の季語】サイダー
  3. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  4. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  5. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  6. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  7. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  8. 【冬の季語】兎
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  10. 【春の季語】春寒し
PAGE TOP