季語・歳時記

【春の季語】雛祭

【春の季語=仲春(3月)】雛祭(雛まつり)

3月3日の節句(上巳の節句、桃の節句)に行われる年中行事である。江戸時代までは和暦(太陰太陽暦)の3月3日(現在の4月頃)、つまり「桃の花」が咲くころに行われていた。明治の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行うことが一般的にになっている。

幼い女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事であり、「雛人形」(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)に「」や「桃の花」など木々の飾り、「雛あられ」や「菱餅」などを供え、「白酒」やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りである。

「雛祭り」と「り」を送ることもある。


【雛祭(上五)】
雛まつり馬臭をりをり漂ひ来 波多野爽波
雛まつり絵巻の牛車雲を曳き 関千賀子
雛まつり妻にひとりの時間あり 井出野浩貴

【雛祭(中七)】

【雛祭(下五)】
どの橋もみな日当りて雛祭 大牧広
国分けているのは大河雛祭り 対馬康子
母の顔剃れば健やか雛祭   山西雅子
みづうみの波低からず雛祭 片山由美子
亡き娘らの真夜来て遊ぶ雛まつり 照井翠
ひとつ足りないところが無限雛祭 田島健一


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】小豆粥
  2. 【春の季語】梅二月
  3. 【秋の季語】九月
  4. 【夏の季語】昼寝/午睡 三尺寝 昼寝覚
  5. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  6. 【夏の季語】蝸牛
  7. 【夏の季語】泰山木の花
  8. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】梅雨明
  2. 数と俳句(一)/小滝肇
  3. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
  4. 【春の季語】子猫
  5. 【冬の季語】冬銀河
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#2
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  8. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#9
  9. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  10. 【春の季語】朧月

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  2. 妹は滝の扉を恣 小山玄紀【季語=滝(夏)】
  3. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  4. ひるすぎの小屋を壊せばみなすすき 安井浩司【季語=すすき(秋)】
  5. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  6. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  8. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  9. 紅葉の色きはまりて風を絶つ 中川宋淵【季語=紅葉(秋)】
  10. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
PAGE TOP