季語・歳時記

【春の季語】雛祭

【春の季語=仲春(3月)】雛祭(雛まつり)

3月3日の節句(上巳の節句、桃の節句)に行われる年中行事である。江戸時代までは和暦(太陰太陽暦)の3月3日(現在の4月頃)、つまり「桃の花」が咲くころに行われていた。明治の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行うことが一般的にになっている。

幼い女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事であり、「雛人形」(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)に「」や「桃の花」など木々の飾り、「雛あられ」や「菱餅」などを供え、「白酒」やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りである。

「雛祭り」と「り」を送ることもある。


【雛祭(上五)】
雛まつり馬臭をりをり漂ひ来 波多野爽波
雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子
雛祭麒麟咥へて来たるなり 川口真理
雛まつり絵巻の牛車雲を曳き 関千賀子
雛まつり妻にひとりの時間あり 井出野浩貴

【雛祭(中七)】

【雛祭(下五)】
どの橋もみな日当りて雛祭 大牧広
国分けているのは大河雛祭り 対馬康子
母の顔剃れば健やか雛祭   山西雅子
みづうみの波低からず雛祭 片山由美子
亡き娘らの真夜来て遊ぶ雛まつり 照井翠
ひとつ足りないところが無限雛祭 田島健一


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】綿虫
  2. 【秋の季語】茸(菌)
  3. 【春の季語】日永
  4. 【春の季語】卒業す
  5. 【冬の季語】小春日和
  6. 【春の季語】春一番
  7. 【冬の季語】冬
  8. 【冬の季語】冬籠

おすすめ記事

  1. 腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治【季語=かき氷(夏)】
  2. 春雷の一喝父の忌なりけり 太田壽子【季語=春雷(春)】
  3. 【冬の季語】枯芝
  4. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  5. 【冬の季語】手袋
  6. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  7. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  8. 【春の季語】二月尽
  9. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  10. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】

Pickup記事

  1. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  3. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  4. 【冬の季語】枯蓮
  5. 【#45】マイルス・デイヴィスと中平卓馬
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」タルト・オ・ポンム
  7. こんな本が出た【2021年1月刊行分】
  8. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  9. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊
PAGE TOP