冬の季語

【冬の季語】日向ぼこ

日常語でいうところの「日向ぼっこ」。俳句では五音で「日向ぼこ」とすることが多い。

一般的には春でもできる日向ぼこだが、季語としては、冬の日射しを浴びてじっと暖まることを指す。


【日向ぼこ(上五)】
日向ぼこかうしてゐても腹が減る 鈴木花蓑
日向ぼこあの世さみしきかも知れぬ 岡本眸
日向ぼこ死んでゐるかと言はれたり 雪我狂流
日向ぼこの父の頭のかたちかな 清水良郎
日向ぼこ敵に囲まれたるやうに 西澤みず季
日向ぼこ均等にしてよタルトの赤いやつ  山下彩乃

【日向ぼこ(中七)】
につぽんの正しい日向ぼこの家 大和田アルミ

【日向ぼこ(下五)】
死ぬことも考へてゐる日向ぼこ 増田龍雨
けふの日の燃え極まりし日向ぼこ 松本たかし
まなうらは火の海となる日向ぼこ 阿部みどり女
見るかぎり煙草むらさき日向ぼこ 石橋秀野
うしろにも眼がある教師日向ぼこ 森田 峠
妻と会ふためのまなぶた日向ぼこ 伊藤伊那男
たましひのはづれかけたる日向ぼこ こしだまほ
脅迫状したためたるよ日向ぼこ 小津夜景
水滴のやうに蠅をり日向ぼこ 山口遼也


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】朧夜
  2. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  3. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  4. 【春の季語】石鹸玉
  5. 【春の季語】野に遊ぶ
  6. 【冬の季語】冬滝
  7. 【冬の季語】ラグビー
  8. 【冬の季語】煤逃

おすすめ記事

  1. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  2. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  3. 太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也【季語=夏着(夏)】
  4. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  5. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  7. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  8. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月20日配信分】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」ガレット・デ・ロワ

Pickup記事

  1. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  3. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  5. 【春の季語】東風
  6. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
  7. 【秋の季語】秋暑し
  8. 【春の季語】惜春
  9. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】
  10. 【夏の季語】梅雨に入る
PAGE TOP