冬の季語

【冬の季語】日向ぼこ

日常語でいうところの「日向ぼっこ」。俳句では五音で「日向ぼこ」とすることが多い。

一般的には春でもできる日向ぼこだが、季語としては、冬の日射しを浴びてじっと暖まることを指す。


【日向ぼこ(上五)】
日向ぼこかうしてゐても腹が減る 鈴木花蓑
日向ぼこあの世さみしきかも知れぬ 岡本眸
日向ぼこ死んでゐるかと言はれたり 雪我狂流
日向ぼこの父の頭のかたちかな 清水良郎
日向ぼこ敵に囲まれたるやうに 西澤みず季
日向ぼこ均等にしてよタルトの赤いやつ  山下彩乃

【日向ぼこ(中七)】
につぽんの正しい日向ぼこの家 大和田アルミ

【日向ぼこ(下五)】
死ぬことも考へてゐる日向ぼこ 増田龍雨
けふの日の燃え極まりし日向ぼこ 松本たかし
まなうらは火の海となる日向ぼこ 阿部みどり女
見るかぎり煙草むらさき日向ぼこ 石橋秀野
うしろにも眼がある教師日向ぼこ 森田 峠
妻と会ふためのまなぶた日向ぼこ 伊藤伊那男
たましひのはづれかけたる日向ぼこ こしだまほ
脅迫状したためたるよ日向ぼこ 小津夜景
水滴のやうに蠅をり日向ぼこ 山口遼也


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】凩(木枯)
  2. 【冬の季語】枯芝
  3. 【春の季語】石鹸玉
  4. 【冬の季語】冬の薔薇
  5. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  6. 【春の季語】春分の日
  7. 【春の季語】雨水
  8. 【夏の季語】薔薇

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】襟巻
  2. 【秋の季語】山椒の実
  3. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第33回】馬場龍吉
  5. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  6. 【冬の季語】節分
  7. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  8. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  9. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  10. t t t ふいにさざめく子らや秋 鴇田智哉

Pickup記事

  1. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  2. 【春の季語】春の雨
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第103回】中島三紀
  4. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  5. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第4回】
  6. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月30日配信分】
  8. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  9. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  10. 【冬の季語】冬に入る
PAGE TOP