冬の季語

【冬の季語】時雨

【冬の季語=初冬(11月)】時雨

【ミニ解説】

秋の末から冬の初めごろに、降ったりやんだりする小雨。

朝、昼、夕といった特別の時刻はない。

俳句では「冬の季語」となっている。動詞で「しぐれる」とすることもある。

シーズン最初の時雨は「初時雨」。

和歌や文学では涙や悲しみ、侘しさの比喩として用いられてきた。時雨に「しぐれ」の読みが充てられるようになったのは平安時代ごろから。

俳句には「蟬時雨」(夏)や「虫時雨」(秋)のように、比喩的に用いた季語もある。

「時雨忌」は、芭蕉の命日のこと。陰暦の10月12日。


【時雨(上五)】
時雨ふるみちのくに大き佛あり 水原秋櫻子
これは時雨だ樅の木の謙虚な守り 秋尾敏

【時雨(中七)】
翠黛(すゐたい)の時雨いよいよはなやかに 高野素十
通天や時雨やどりの俳諧師 川端茅舎
美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子
光りつつ沖より時雨来たりけり 石原八束
愛なくて時雨を待っている一人 立岩利夫
万年筆時雨に冷えてありにけり 田中裕明

【時雨(下五)】
天地の間にほろと時雨かな 高浜虚子
湯ぶねより一とくべたのむ時雨かな 川端茅舎
塔しのぐもののなければ時雨くる 上田五千石
鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女
うつくしきあぎととあへり能登時雨 飴山實
木の瘤の腥くある時雨かな 田中裕明
敦賀より北に用ある時雨かな 山本洋子 
ことごとく蓮折れてゐる時雨かな 対中いずみ
破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】蜃気楼
  2. 【夏の季語】緑蔭
  3. 【冬の季語】一月
  4. 【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏
  5. 【夏の季語】涼しい
  6. 【冬の季語】暮早し
  7. 【冬の季語】水鳥
  8. 【冬の季語】愛日

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】泉
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  3. 【冬の季語】風邪
  4. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  5. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  6. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年2月分】
  8. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  9. 【新年の季語】春の七種(七草)
  10. 【春の季語】初東風

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【17】服部崇
  2. 【春の季語】雛あられ
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  4. 【書評】津川絵理子 第3句集『夜の水平線』(ふらんす堂、2020年)
  5. 数と俳句(四)/小滝肇
  6. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ほたるいかの酢味噌和え
  8. 【新年の季語】どんど焼
  9. 【冬の季語】寒い
  10. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美
PAGE TOP