冬の季語

【冬の季語】冬薔薇

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬薔薇

冬に咲く「薔薇」のこと。「ふゆばら」と四音で読むことも、「ふゆそうび」と五音で読むこともできる。後者の場合、歴史的仮名遣いは「ふゆさうび」となる。

遅れて「小春日和」などに咲き始める薔薇は色彩も美しいが、寒い中で咲く薔薇は葉も少なくて寒々しい。

日常語に近づけて「冬の薔薇」としても用いられる。


【冬薔薇(上五)】
冬薔薇石の天使に石の羽根 中村草田男
冬薔薇色のあけぼの焼跡に 石田波郷
冬薔薇のつぼみやさしく尖りたる 沢木欣一
冬薔薇や賞与劣りし一詩人 草間時彦
冬薔薇を選びゐるなり見守られ 千葉皓史
冬薔薇満場一致とはしづか 津川絵理子
冬薔薇鉛筆の線かたく光る 津川絵理子
冬薔薇を揺らしてゐたり未婚の指 日下野由季

【冬薔薇(中七)】

【冬薔薇(下五)】
汝が眼に映れとつぼむ冬薔薇を 細見綾子
筋通す女なりけり冬薔薇 小熊春江
新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり
絵の前を時間過ぎ去る冬薔薇  神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】水中花/酒中花
  2. 【春の季語】春寒
  3. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  4. 【春の季語】春の月
  5. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  6. 【冬の季語】時雨
  7. 【夏の季語】黴(かび)/青黴 毛黴 麹黴 黴の宿 黴の香
  8. 【春の季語】雛あられ

おすすめ記事

  1. 人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡【季語=春節(春)】
  2. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  3. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】
  4. 【冬の季語】雪掻
  5. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  6. 【冬の季語】冬木立
  7. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月11日配信分】
  9. 秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子【季語=秋山(秋)】
  10. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦

Pickup記事

  1. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  2. 【春の季語】春二番
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  4. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【7】服部崇
  6. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  7. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  8. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  10. 時計屋の時計春の夜どれがほんと 久保田万太郎【季語=春の夜(春)】
PAGE TOP