季語・歳時記

【秋の季語】秋分の日

【秋の季語=仲秋(9月)】秋分の日

日本の国民の祝日のひとつとして、天文観測による「秋分」が起こる日を祝日とするもの。

通例は、9月22日か9月23日のいずれかである。

休日となった経緯は古く、1878年(明治11年)の法改正による「秋季皇霊祭」から続くもの。これが1948年(昭和23年)に廃止され、以後は「秋分の日」となった。


【秋分の日(上五)】
山かがし秋分の日の草に浮く 松村蒼石

【秋分の日(中七)】

【秋分の日(下五)】
秋分の日の音立てて甲斐の川 廣瀬町子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】悴む
  2. 【夏の季語】梅雨入
  3. 【春の季語】桜蘂降る
  4. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  5. 【夏の季語】風鈴
  6. 【冬の季語】炬燵
  7. 【冬の季語】雪降る
  8. 【冬の季語】室咲

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】出梅
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【9】服部崇
  3. 数と俳句(三)/小滝肇
  4. 【秋の季語】秋の蛇
  5. 【夏の季語】涼し
  6. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  7. 【夏の季語】クーラー
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  9. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  10. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】

Pickup記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【19】服部崇
  2. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  3. 日が照つて厩出し前の草のいろ 鷲谷七菜子【季語=厩出し(春)】
  4. 【冬の季語】春を待つ
  5. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  6. 蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子【季語=蓮根(冬)】
  7. 夕づつにまつ毛澄みゆく冬よ来よ 千代田葛彦【季語=冬隣(秋)】
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月5日配信分】
  9. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  10. へうたんも髭の男もわれのもの 岩永佐保【季語=瓢箪(秋)】
PAGE TOP