季語・歳時記

【秋の季語】秋彼岸

【秋の季語=仲秋(9月)】秋彼岸

秋分」が起こる日を中日として、その前後三日間を合わせた合計7日間のこと。

仏教においては、春分と秋分が彼岸である西方浄土への距離がもっとも短くなる日とされた。「彼岸」は春の季語として、秋の彼岸は「秋」であることを明示する。「墓参」も秋の季語。

この時期に咲く「曼珠沙華」は「彼岸花」という異名をもつ。


【秋彼岸(上五)】
秋彼岸麓の馬の紺に見ゆ 友岡子郷
秋彼岸手桶に溢れしめしもの 伊藤二瀬

【秋彼岸(中七)】

【秋彼岸(下五)】
口むすぶ鯉みて帰る秋彼岸 桂信子
それとなく御飯出てくる秋彼岸 攝津幸彦
大川に海の魚跳ぶ秋彼岸 北島大果
荷のありて人の見えざる秋彼岸 山口蜜柑
草か木かわからぬものも秋彼岸 岸本尚毅
ペンギンのゆらゆら泳ぐ秋彼岸 冬野虹


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  2. 【冬の季語】今朝の冬
  3. 【夏の季語】花火
  4. 【夏の季語】夏至
  5. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  6. 【春の季語】石鹸玉
  7. 【冬の季語】冬の蝶
  8. 【夏の季語】ハンカチ

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  2. 除草機を押して出会うてまた別れ 越野孤舟【季語=除草機(夏)】
  3. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  4. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  6. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】
  7. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  8. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  9. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  2. 一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子【季語=雲の峰(夏)】 
  3. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  4. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
  5. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  6. 【秋の季語】星月夜
  7. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  8. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」
  9. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
PAGE TOP