季語・歳時記

【秋の季語】秋彼岸

【秋の季語=仲秋(9月)】秋彼岸

秋分」が起こる日を中日として、その前後三日間を合わせた合計7日間のこと。

仏教においては、春分と秋分が彼岸である西方浄土への距離がもっとも短くなる日とされた。「彼岸」は春の季語として、秋の彼岸は「秋」であることを明示する。「墓参」も秋の季語。

この時期に咲く「曼珠沙華」は「彼岸花」という異名をもつ。


【秋彼岸(上五)】
秋彼岸麓の馬の紺に見ゆ 友岡子郷
秋彼岸手桶に溢れしめしもの 伊藤二瀬

【秋彼岸(中七)】

【秋彼岸(下五)】
口むすぶ鯉みて帰る秋彼岸 桂信子
それとなく御飯出てくる秋彼岸 攝津幸彦
大川に海の魚跳ぶ秋彼岸 北島大果
荷のありて人の見えざる秋彼岸 山口蜜柑
草か木かわからぬものも秋彼岸 岸本尚毅
ペンギンのゆらゆら泳ぐ秋彼岸 冬野虹


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】松茸
  2. 【秋の季語】蛇穴に入る
  3. 【冬の季語】冬川
  4. 【冬の季語】白菜
  5. 【夏の季語】クーラー
  6. 【夏の季語】サングラス
  7. 【春の季語】恋猫
  8. 【冬の季語】大晦日

おすすめ記事

  1. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  2. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  3. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子
  5. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  6. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  7. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  8. 【夏の季語】梅雨に入る
  9. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  10. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】

Pickup記事

  1. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  2. 【#26-2】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(2)
  3. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  4. 【新年の季語】俎始
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  6. つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥【季語=枯野(冬)】
  7. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 
  8. 「体育+俳句」【第4回】三島広志+ボクシング
  9. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第7回】大塚凱
PAGE TOP