季語・歳時記

【夏の季語】盛夏/夏旺ん 真夏

【夏の季語(晩夏=7月)】盛夏/夏旺ん 真夏

【解説】梅雨明けのあとの厳しい暑さのこと。しかし近年では、梅雨明けが8月を過ぎることもあり……

【関連季語】土用、日盛、炎天、油照、三伏、暑し、大暑、極暑、炎暑など。

【盛夏】
東京と生死をちかふ盛夏かな     鈴木しづ子
両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ      三橋敏雄

【真夏】
足りなくて真夏のとんぼ生まれけり  阿部青鞋
真夏日の鳥は骨まで見せて飛ぶ    柿本多映
真夏日の名画座冷えてゆくばかり   笠井亞子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】枯蓮
  2. 【秋の季語】星月夜
  3. 【冬の季語】雪達磨
  4. 【冬の季語】日向ぼっこ
  5. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  6. 【春の季語】鷹鳩と化す
  7. 【春の季語】春寒
  8. 【秋の季語】霧

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】水中花/酒中花
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  3. 【秋の季語】秋暑し
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次
  5. 黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子【季語=黒揚羽(夏)】
  6. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  7. 同じ事を二本のレール思はざる 阿部青鞋
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  9. 【夏の季語】母の日
  10. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  2. 青空の暗きところが雲雀の血 高野ムツオ【季語=雲雀(春)】
  3. 【秋の季語】芋虫
  4. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  5. 巡査つと来てラムネ瓶さかしまに 高濱虚子【季語=ラムネ(夏)】
  6. さくら餅たちまち人に戻りけり 渋川京子【季語=桜餅(春)】 
  7. 百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨【季語=猫の子(春)】
  8. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  9. 【秋の季語】秋彼岸
  10. 泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治【季語=月(秋)】
PAGE TOP