冬の季語

【冬の季語】日向ぼっこ

日向ぼこ」の日常的な言い回し。

一般的には春でもできるが、季語としては、冬の日射しを浴びてじっと暖まることを指す。


【日向ぼっこ(上五)】
日向ぼつこ日向がいやになりにけり 久保田万太郎

【日向ぼっこ(中七)】

【日向ぼっこ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  2. 【春の季語】涅槃絵図
  3. 【新年の季語】春の七種(七草)
  4. 【冬の季語】寒木
  5. 【秋の季語】小鳥来る
  6. 【新年の季語】小正月
  7. 【春の季語】春塵
  8. 【冬の季語】春待つ

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
  2. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  4. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  5. 復興の遅れの更地春疾風  菊田島椿【季語=春疾風(春)】
  6. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  7. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  8. 【夏の季語】ソーダ水
  9. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  10. 雨月なり後部座席に人眠らせ 榮猿丸【季語=雨月(秋)】

Pickup記事

  1. 野分吾が鼻孔を出でて遊ぶかな 永田耕衣【季語=野分(秋)】
  2. 水道水細し残暑の体育館 野澤みのり【季語=残暑(秋)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】
  4. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  5. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  6. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初めて聴いた時のこと
  7. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  8. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  9. 兎の目よりもムンクの嫉妬の目 森田智子【季語=兎(冬)】
  10. 【春の季語】春の月
PAGE TOP