冬の季語

【冬の季語】日向ぼっこ

日向ぼこ」の日常的な言い回し。

一般的には春でもできるが、季語としては、冬の日射しを浴びてじっと暖まることを指す。


【日向ぼっこ(上五)】
日向ぼつこ日向がいやになりにけり 久保田万太郎

【日向ぼっこ(中七)】

【日向ぼっこ(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】小春日
  2. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  3. 【冬の季語】寒椿
  4. 【秋の季語】赤い羽根
  5. 【春の季語】菜の花
  6. 【夏の季語】蛍/初蛍 蛍火 蛍売
  7. 【冬の季語】大年
  8. 【新年の季語】春の七種(七草)

おすすめ記事

  1. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  2. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年4月分】
  4. 【特別寄稿】これまで、これから ーいわき復興支援の10年ー山崎祐子
  5. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  6. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  7. 【秋の季語】小鳥来る
  8. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  9. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】
  10. 鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白 村上鞆彦【季語=鶺鴒(秋)】

Pickup記事

  1. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  3. 【冬の季語】鼻水
  4. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  5. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  6. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  7. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  8. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  9. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  10. はしりすぎとまりすぎたる蜥蜴かな    京極杞陽【季語=蜥蜴(夏)】
PAGE TOP