冬の季語

【冬の季語】熊穴に入る

【冬の季語=仲冬(12月)】熊穴に入る

」が「冬眠」のため穴に入ること。

入らずに餌をもとめて人里に降りてくることも増えている。

七十二候の中には「熊蟄穴(くまあなにこもる)」がある。12月12日~12月16日ごろ。

春の季語「熊穴を出づ」と対応する。


【熊穴に入る(上五)】
熊穴に入る頃ならむ火を熾す 坂東文子

【熊穴に入る(中七)】

【熊穴に入る(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】鶯
  2. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  3. 【春の季語】葱の花
  4. 【春の季語】鴨帰る
  5. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  6. 【秋の季語】十六夜
  7. 【春の季語】薄氷
  8. 【春の季語】二月尽

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第39回】石井隆司
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  3. 【秋の季語】梨
  4. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】
  5. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  6. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  7. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】
  8. 蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子【季語=蜷(春)】
  9. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  10. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】

Pickup記事

  1. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  2. ラグビーのジヤケツの色の敵味方 福井圭児【季語=ラグビー(冬)】
  3. 【冬の季語】裸木
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年2月分】
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  6. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  10. 【冬の季語】雪野
PAGE TOP