冬の季語

【冬の季語】熊穴に入る

【冬の季語=仲冬(12月)】熊穴に入る

」が「冬眠」のため穴に入ること。

入らずに餌をもとめて人里に降りてくることも増えている。

七十二候の中には「熊蟄穴(くまあなにこもる)」がある。12月12日~12月16日ごろ。

春の季語「熊穴を出づ」と対応する。


【熊穴に入る(上五)】
熊穴に入る頃ならむ火を熾す 坂東文子

【熊穴に入る(中七)】

【熊穴に入る(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】石鹸玉
  2. 【冬の季語】冬至
  3. 【冬の季語】梅探る
  4. 【冬の季語】蓮根
  5. 【春の季語】春の月
  6. 【冬の季語】冬薔薇
  7. 【冬の季語】忘年
  8. 【春の季語】春

おすすめ記事

  1. 【書評】太田うさぎ『また明日』(左右社、2020年)
  2. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  3. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】
  4. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  5. 「ハイブリッド句会」の勧め!
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  7. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  8. 【#17】黒色の響き
  9. 白梅や粥の面てを裏切らむ 飯島晴子【季語=白梅(春)】
  10. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】

Pickup記事

  1. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  2. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
  3. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  4. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)
  5. 【新年の季語】松飾
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  7. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  8. 【秋の季語】花野/大花野
  9. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  10. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
PAGE TOP