季語・歳時記

【新年の季語】正月

新年の季語(1月)】正月

年が始まる標準(=正)の月だと見た一月のこと。特に、新年を祝う年頭をいう。

かつては、旧暦の1月15日でその年の最初の満月の日を、「小正月」と呼び祝っていた。これは、正月を「大正月」と呼ぶのに対するもの。 この日に行われる行事としては、「どんど焼」が有名。

中国や韓国など、アジアの多くの国ではいまも旧暦の一月一日を祝う。「旧正月」。


【正月(上五)】
正月の父と見しものすくなかり 大牧広
正月の人に寄りくる鴎かな 山本洋子
正月の母のうずうずしてゐたり 齋藤朝比古

【正月(中七)】
喫茶よたろう正月の海よく見えて  西村麒麟

【正月(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】萩/萩の花 白萩 紅萩 小萩 山萩 野萩 こぼれ萩 …
  2. 【夏の季語】草ロール
  3. 【新年の季語】松の内
  4. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  5. 【冬の季語】忘年
  6. 【冬の季語】雪達磨
  7. 【新年の季語】福寿草
  8. 【冬の季語】冬滝

おすすめ記事

  1. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  2. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  4. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年12月分】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第5回】
  7. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  8. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  9. 胎動に覚め金色の冬林檎 神野紗希【季語=冬林檎(冬)】
  10. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」

Pickup記事

  1. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  2. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  3. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  4. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【冬の季語=冬(冬)】
  5. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  6. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
  8. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】
  9. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  10. 鉄橋を決意としたる雪解川 松山足羽【季語=雪解川(春)】
PAGE TOP