季語・歳時記

【新年の季語】小正月

新年の季語(1月)】小正月

元日」の「大正月」に対し、14日、15日を中心とした「正月」のことを指す。

元旦」から「七日」までの大正月が上層の儀礼的性格を有するのに対し、小正月は農民的性格を持つ。

もともとは旧暦の1月15日、つまりその年の最初の満月の日であったが、現在では、新暦の1月15日に祝う地域が多い。「どんど焼」などが各地で行われたり、かつては「小豆粥」を食べたりした。

歴史的仮名遣いだと「こしやうぐわつ」。


【小正月(上五)】
小正月戦後は飢ゑの記憶のみ 辻田克巳

【小正月(中七)】

【小正月(下五)】
十五から我酒のみ出て小正月 加藤郁乎
招き猫染め抜かれあり小正月 篠塚雅世


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】団栗
  2. 【秋の季語】吾亦紅
  3. 【春の季語】二月尽
  4. 【秋の季語】花野/大花野
  5. 【新年の季語】初旅
  6. 【秋の季語】梨
  7. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  8. 【冬の季語】雪掻く

おすすめ記事

  1. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  2. 【春の季語】春寒し
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  6. 【連載】俳人のホンダナ!#3 三島広志
  7. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  8. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  9. 【春の季語】沙翁忌
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇

Pickup記事

  1. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  3. 菜の花月夜ですよネコが死ぬ夜ですよ 金原まさ子【季語=菜の花(春)】 
  4. 淋しさに鹿も起ちたる馬酔木かな      山本梅史【季語=鹿(秋)】
  5. 死なさじと肩つかまるゝ氷の下 寺田京子【季語=氷(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  8. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  9. 草田男やよもだ志向もところてん 村上護【季語=ところてん(夏)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
PAGE TOP