季語・歳時記

【新年の季語】小正月

新年の季語(1月)】小正月

元日」の「大正月」に対し、14日、15日を中心とした「正月」のことを指す。

元旦」から「七日」までの大正月が上層の儀礼的性格を有するのに対し、小正月は農民的性格を持つ。

もともとは旧暦の1月15日、つまりその年の最初の満月の日であったが、現在では、新暦の1月15日に祝う地域が多い。「どんど焼」などが各地で行われたり、かつては「小豆粥」を食べたりした。

歴史的仮名遣いだと「こしやうぐわつ」。


【小正月(上五)】
小正月戦後は飢ゑの記憶のみ 辻田克巳

【小正月(中七)】

【小正月(下五)】
十五から我酒のみ出て小正月 加藤郁乎
招き猫染め抜かれあり小正月 篠塚雅世


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】鴨来る
  2. 【冬の季語】冬の蝶
  3. 【冬の季語】八手の花
  4. 【冬の季語】鬼やらう
  5. 【秋の季語】秋刀魚
  6. 【夏の季語】香水
  7. 【冬の季語】冬木の芽
  8. 【春の季語】シクラメン

おすすめ記事

  1. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  2. 【新年の季語】人日
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  4. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】
  5. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  6. 此木戸や錠のさされて冬の月 其角【季語=冬の月(冬)】
  7. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  8. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  9. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】

Pickup記事

  1. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  3. 紀元前二〇二年の虞美人草 水津達大【季語=虞美人草(春)】
  4. 【秋の季語】秋山
  5. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】
  6. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  7. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第6回】2018年フェブラリーステークス・ノンコノユメ
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  10. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
PAGE TOP