季語・歳時記

【春の季語】朧夜

【春の季語=仲春〜晩春(3〜4月)】朧夜

【ミニ解説】

春は大気中の水分が多く、ものがけむって見えます。その状態を俳句では、昼に「霞」、夜に「朧」の季語を当てます。月もぼんやりと、夜になれば「朧夜」となります。


【朧夜(上五)】
朧夜の宴の氷菓くづし頒く 久米三汀
おぼろ夜の潮騒つくるものぞこれ 水原秋櫻子
おぼろ夜のかたまりとしてものおもふ 加藤楸邨
朧夜の椅子にひとりの酒仙あり 飯田龍太
朧夜や山に隠れし川もまた 飯田龍太
朧夜の船団北を指して消ゆ 飯田龍太
朧夜の屋根裏に住みつきしもの 橋閒石
朧夜の匂ひしてゐるかくれ部屋 能村登四郎
おぼろ夜の霊のごとくに薄着して 能村登四郎
朧夜の花無き壺のありどころ 八田木枯
朧夜のこの木に遠き祖先あり 正木ゆう子
朧夜の海へ電話をかけている  皆川燈
朧夜の靴待つ家へ帰りけり 齋藤朝比古
朧夜の「父」と着信ありにけり 津川絵理子
朧夜のまばたきをみづ這ひのぼる 青本瑞季
朧夜の棺のごとく風呂洗ふ 野住朋可

【朧夜(中七)】

【朧夜(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春塵
  2. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  3. 【秋の季語】鴨渡る
  4. 【冬の季語】室咲
  5. 【夏の季語】百合
  6. 【秋の季語】団栗
  7. 【新年の季語】春の七種(七草)
  8. 【新年の季語】獅子舞

おすすめ記事

  1. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】
  2. 【秋の季語】運動会
  3. 【春の季語】霞
  4. 【春の季語】春の泥
  5. 【夏の季語】入梅
  6. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  7. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  8. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
  9. 五月雨や掃けば飛びたつ畳の蛾 村上鞆彦【季語=五月雨(夏)】
  10. 【新年の季語】二日

Pickup記事

  1. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【5】/坂口晴子(「銀漢」同人・)
  3. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  4. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  5. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  6. 【冬の季語】寒木
  7. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】
  8. 枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行【季語=枯野(冬)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元
PAGE TOP