季語・歳時記

【春の季語】朧夜

【春の季語=仲春〜晩春(3〜4月)】朧夜

【ミニ解説】

春は大気中の水分が多く、ものがけむって見えます。その状態を俳句では、昼に「霞」、夜に「朧」の季語を当てます。月もぼんやりと、夜になれば「朧夜」となります。


【朧夜(上五)】
朧夜の宴の氷菓くづし頒く 久米三汀
おぼろ夜の潮騒つくるものぞこれ 水原秋櫻子
おぼろ夜のかたまりとしてものおもふ 加藤楸邨
朧夜の椅子にひとりの酒仙あり 飯田龍太
朧夜や山に隠れし川もまた 飯田龍太
朧夜の船団北を指して消ゆ 飯田龍太
朧夜の屋根裏に住みつきしもの 橋閒石
朧夜の匂ひしてゐるかくれ部屋 能村登四郎
おぼろ夜の霊のごとくに薄着して 能村登四郎
朧夜の花無き壺のありどころ 八田木枯
朧夜のこの木に遠き祖先あり 正木ゆう子
朧夜の海へ電話をかけている  皆川燈
朧夜の靴待つ家へ帰りけり 齋藤朝比古
朧夜の「父」と着信ありにけり 津川絵理子
朧夜のまばたきをみづ這ひのぼる 青本瑞季
朧夜の棺のごとく風呂洗ふ 野住朋可

【朧夜(中七)】

【朧夜(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】セーター
  2. 【馬の俳句】
  3. 【冬の季語】白息
  4. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  5. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  6. 【春の季語】椿
  7. 【秋の季語】団栗
  8. 【夏の季語】玉虫

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】松落葉
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  3. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  4. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  5. 【夏の季語】ごきぶり
  6. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】
  7. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第57回】 隠岐と加藤楸邨
  9. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  10. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】

Pickup記事

  1. 春一番競馬新聞空を行く 水原春郎【季語=春一番(春)】
  2. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  3. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
  4. 【冬の季語】大年
  5. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
  6. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】
  7. 葡萄垂れとしよりの日のつどひ見ゆ 大野林火【季語=葡萄(秋)】
  8. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】
  9. 【春の季語】二月
  10. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
PAGE TOP