季語・歳時記

【春の季語】旧正月

【春の季語=初春(2月)】旧正月

旧暦としての太陰暦の正月(年初)のこと。元日からの数日間のことを指す。

いわゆる「春節」である。

日本では改暦後、新暦の1月1日を「正月」として祝うことになっているが、太陰暦(中国暦)を使っていた中華圏(中華人民共和国、台湾、シンガポール、韓国、北朝鮮、ベトナム、マレーシアなど)では国の祝日として定められている。

日本では横浜などの中華街で盛大に祝われている。

季語としては省略的に「旧正」ともいう。


【旧正月(上五)】

【旧正月(中七)】
隣りより旧正月の餅くれぬ 石橋秀野
道ばたに旧正月の人立てる  中村草田男
道に出て舊正月の襟正す 小野希北

【旧正月(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】草ロール
  2. 【春の季語】月朧
  3. 【夏の季語】出梅
  4. 【秋の季語】野菊
  5. 【冬の季語】枯木
  6. 【秋の季語】秋刀魚
  7. 【冬の季語】凩(木枯)
  8. 【秋の季語】十三夜

おすすめ記事

  1. 【#33】台北市の迪化街
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  3. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第6回】
  5. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  6. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  7. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  8. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  9. 【秋の季語】新蕎麦
  10. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

Pickup記事

  1. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
  2. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  3. 【冬の季語】大年
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第8回】印南野と永田耕衣
  5. 【書評】小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  6. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  7. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
  8. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】
  9. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢
PAGE TOP