季語・歳時記

【春の季語】旧正月

【春の季語=初春(2月)】旧正月

旧暦としての太陰暦の正月(年初)のこと。元日からの数日間のことを指す。

いわゆる「春節」である。

日本では改暦後、新暦の1月1日を「正月」として祝うことになっているが、太陰暦(中国暦)を使っていた中華圏(中華人民共和国、台湾、シンガポール、韓国、北朝鮮、ベトナム、マレーシアなど)では国の祝日として定められている。

日本では横浜などの中華街で盛大に祝われている。

季語としては省略的に「旧正」ともいう。


【旧正月(上五)】

【旧正月(中七)】
隣りより旧正月の餅くれぬ 石橋秀野
道ばたに旧正月の人立てる  中村草田男
道に出て舊正月の襟正す 小野希北

【旧正月(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】雲の峰
  2. 【夏の季語】蜘蛛
  3. 【秋の季語】霧
  4. 【新年の季語】松の内
  5. 【秋の季語】穴惑
  6. 【春の季語】春塵
  7. 【冬の季語】冬川
  8. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)

おすすめ記事

  1. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第53回】 秋篠寺と稲畑汀子
  3. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 
  4. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  6. 炎ゆる 琥珀の/神の/掌の 襞/ひらけば/開く/歴史の 喪章 湊喬彦
  7. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
  8. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
  9. 【冬の季語】冬麗
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈

Pickup記事

  1. 【春の季語】菜の花
  2. 【春の季語】朧月
  3. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  5. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  6. 【秋の季語】秋桜
  7. 【春の季語】魚氷に上る
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  9. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  10. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
PAGE TOP