冬の季語

【冬の季語】十二月

【冬の季語=仲冬(12月)】十二月

【ミニ解説】

「十二月」は、グレゴリオ暦で第12の月に当たる、1年の最終月。

31日間とは思えないほどに、あっといまに過ぎ去っていく。

日本では、旧暦12月を「師走」または「極月」と呼んできた。

具体的な日付として最も詠まれるのは、おそらく「十二月八日」(対米英開戦記念日)。


【十二月(上五)】
十二月豆腐全き姿にて 飯田龍太
十二月こちらの本をあちらへ積み 桂信子
十二月あのひと刺しに汽車で行く 穴井太
十二月うしろの正面山の神 成田千空
十二月真向きの船の鋭さも 友岡子郷
十二月鯉の下へと鯉沈み 鷹羽狩行
十二月木は立ったまま星に会う 酒井弘司
十二月肉屋に立ちて男の背 正木浩一
十二月おどろけば稚魚かがやけり 小澤實

【十二月(中七)】
あたたかき十二月なりひまにも馴れ 富安風生
うしろより足音十二月が来る 岩岡中正

【十二月(下五)】
それぞれの椅子に人あり十二月 高野素十
一堂の中のみ仏十二月 高野素十
火の色やけふにはじまる十二月 日野草城
めつむりてひげそられをり十二月 西東三鬼
カレンダー一遍上人十二月 星野立子
欲しきもの買ひて淋しき十二月 野見山ひふみ
主を頌むるをさなが歌や十二月 石塚友二
植木屋の妻の訃知りぬ十二月 沢木欣一
武蔵野は青空がよし十二月 細見綾子
馬小屋をざぶざぶ洗ふ十二月 本宮哲郎
遠い木が見えてくる夕十二月 能村登四郎
ひと山の蛤買つて十二月 鈴木真砂女
一弟子の離婚の沙汰も十二月 安住敦
それがまた間違いファクス十二月 小沢信男
駅弁の温みを膝に十二月 鷹羽狩行
ヴァイオリンになる樹と思ふ十二月 川口真理
海と空沖で繋がる十二月 岩淵喜代子
棚吊ればすぐ物が載り十二月 岡本差知
いちまいの羽なきからだ十二月 恩田侑布子
玄関に道の来てゐる十二月 千葉皓史
ハンガーにハンガーかけて十二月 相子智恵
何やかや行列続く十二月 吉田哲二
手を引いて前のめりなる十二月 西山ゆりこ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】薄氷
  2. 【春の季語】蛇穴を出づ
  3. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔
  4. 【秋の季語】末枯る
  5. 【夏の季語】冷房
  6. 【秋の季語】山椒の実
  7. 【春の季語】春の野
  8. 【夏の季語】泰山木の花

おすすめ記事

  1. 再縁といへど目出度し桜鯛 麻葉【季語=桜鯛(春)】
  2. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】
  3. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  5. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  6. 【夏の季語】蓮
  7. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
  8. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  9. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  10. クッキーと林檎が好きでデザイナー 千原草之【季語=林檎(秋)】

Pickup記事

  1. さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子【季語=鵆(冬)】 
  2. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】
  3. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  4. 対岸の比良や比叡や麦青む 対中いずみ【季語=麦青む(春)】 
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月7日配信分】
  6. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
  7. 祭笛吹くとき男佳かりける 橋本多佳子【季語=祭笛(夏)】
  8. 【冬の季語】数え日
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  10. 回廊をのむ回廊のアヴェ・マリア 豊口陽子
PAGE TOP