季語・歳時記

【春の季語】鳥の恋

【春の季語=晩春(4月)】鳥の恋

晩春に繁殖期を迎えた鳥はしきりにさえずり、求愛や交尾をおこないます。

求愛の目立ったものに雄の孔雀がいますね。

古くは「鳥の妻恋」が使われ、「鳥の恋」は比較的新しい季語です。


【鳥の恋(上五)】
鳥の恋峰より落つるこそ恋し 清水径子
鳥の恋諸枝を弾み上りして 八木林之介
鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子
鳥の恋本の名を決めかねてゐる 田中裕明
鳥の恋梢をともに移りつつ 岩田由美
鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子 
鳥の恋そのまま河を渡りゆく 明隅礼子

【鳥の恋(中七)】

【鳥の恋(下五)】
両神は高みむすびや鳥の恋 安西篤
鬼瓦暾にまぶしみて鳥の恋 広坂圭美
太陽は古くて立派鳥の恋 池田澄子
金箔がケーキに少し鳥の恋 蜂谷一人
手のばせば脇かがやきぬ鳥の恋 高山れおな
さざなみのかがやけるとき鳥の恋 北川美美
風呂敷につつむ額縁鳥の恋 田中裕明 
暗幕の向う明るし鳥の恋 田中裕明
六本木ヒルズ上空鳥の恋 浦川聡子
少年の額あかるし鳥の恋 涼野海音
昼眠るため文ひらく鳥の恋 生駒大祐

【その他】
カルメラのふくれて恋の雀かな 村田小夜子
やはらぎし水面に鳥の恋育つ 小長谷登茂子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】花八手
  2. 【新年の季語】注連の内
  3. 【冬の季語】冬眠
  4. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  5. 【冬の季語】綿虫
  6. 【冬の季語】冬の蝶
  7. 【春の季語】春の塵
  8. 【冬の季語】悴む

おすすめ記事

  1. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  2. 向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一【季語=飛蝗(秋)】
  3. 【秋の季語】蕎麦の花
  4. 【冬の季語】白鳥
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第109回】川嶋ぱんだ
  6. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  7. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子
  9. 【春の季語】早春
  10. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】

Pickup記事

  1. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  2. 海底に足跡のあるいい天気 『誹風柳多留』
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  4. 【冬の季語】冬の日
  5. 【冬の季語】早梅
  6. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  7. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
  9. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  10. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
PAGE TOP