季語・歳時記

【春の季語】鳥の妻恋

【春の季語=晩春(4月)】鳥の妻恋

【ミニ解説】

晩春に繁殖期を迎えた鳥はしきりにさえずり、求愛や交尾をおこないます。

現在は「鳥の恋」という季語が一般的ですが、古くは「鳥の妻恋」が使われていました。

【関連季語】囀り


【妻を恋ふ鳥(上五)】
妻を恋ふ鳥や鷹にも気の付かず 素覧


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋刀魚
  2. 【春の季語】冴返る
  3. 【冬の季語】冬の谷
  4. 【春の季語】浜下り
  5. 【冬の季語】冬立つ
  6. 【秋の季語】秋高し
  7. 【冬の季語】冬薔薇
  8. 【春の季語】杉の花

おすすめ記事

  1. 七月へ爪はひづめとして育つ 宮崎大地【季語=七月(夏)】
  2. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  3. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  5. 【新年の季語】獅子舞
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第34回】鈴木琢磨
  7. 【冬の季語】枯木立
  8. 【第2回】重慶便り/折勝家鴨
  9. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】
  10. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】

Pickup記事

  1. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第64回】 富山と角川源義
  4. 【春の季語】恋の猫
  5. 【春の季語】初桜
  6. 【冬の季語】人参
  7. 【冬の季語】漱石忌
  8. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  9. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  10. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
PAGE TOP