季語・歳時記

【春の季語】猫の子

【春の季語=晩春(4月)】猫の子

【ミニ解説】

晩春に生まれた猫の子のこと。「子猫」とも。


【猫の子(上五)】
猫の子のくんづほぐれつ胡蝶かな 其角
猫の子のつくづく見られなきにけり 日野草城
ねこの子や親を離れて眠り居る 村上鬼城
猫の子の目が何か見ておとなしき 喜田進次
猫の子のマンション入居契約す 土屋公一
猫の子に石かな切り株かな空だ 宮崎斗士

【猫の子(中七)】
西もひがしもわからぬ猫の子なりけり 久保田万太郎
子育てを終えて猫の子育てをり 針谷政江
百代の過客しんがりに猫の子も 加藤楸邨 
ひとを待つ間に猫の子に名を授け 宇多喜代子

【猫の子(下五)】
しつとりとサンドウィッチよ猫の子よ 野口る理



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】サイダー
  2. 【冬の季語】水仙
  3. 【秋の季語】秋思
  4. 【秋の季語】秋めく
  5. 【冬の季語】豆撒
  6. 【冬の季語】日記買う
  7. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  8. 【秋の季語】天高し

おすすめ記事

  1. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  2. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  3. 白魚の命の透けて水動く 稲畑汀子【季語=白魚(春)】
  4. 東京に居るとの噂冴え返る 佐藤漾人【季語=冴え返る(春)】
  5. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  6. 【春の季語】二月尽
  7. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  8. 消すまじき育つるまじき火は埋む 京極杞陽【季語=埋火(冬)】
  9. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】

Pickup記事

  1. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  2. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  3. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  4. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  5. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
  8. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  9. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
PAGE TOP