季語・歳時記

【新年の季語】田遊

新年の季語(1月)】田遊

「正月」に、稲の豊作を前もって祝う神事芸能。国指定重要無形民俗文化財である。

一年間の田んぼ仕事の流れを、歌に所作を交えて演ずる。

青森県八戸市で行われる「えんぶり」などが有名で、東京でも高島平に二社、奇跡的に残っている。「新年の季語」に分類されることが多いが、いずれも現在は2月に行われている。

 → 徳丸北野神社田遊び 

 → 赤塚諏訪神社田遊び

 → 長者山新羅神社(えんぶり)

「田遊び」と「び」を送ることもある。


【田遊(上五)】
田遊びの早乙女の名は鶴と亀 沢木欣一
田遊びの稚児に寝られてしまひけり 椎名書子
田遊びの遊び尽して闇戻す 浅井火扇
田遊の田となる太鼓打ちにけり 伊藤伊那男
田遊のよく泣く苗をもてあます 谷岡健彦

【田遊(中七)】
ふんばつていざ田遊の牛となり 岸田稚魚
ぬかるみへ田あそびの夜の闇やさし 宮津昭彦
囃されて田遊びの牛つんのめる 大津恵子

【田遊(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】芋虫
  2. 【冬の季語】一月
  3. 【冬の季語】嚏(嚔)
  4. 【冬の季語】豆撒
  5. 【冬の季語】冬蟹
  6. 【春の季語】初花
  7. 【春の季語】春の雨
  8. 【冬の季語】冬河原(冬川原)

おすすめ記事

  1. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
  2. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  3. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  4. シゴハイ【第1回】平山雄一(音楽評論家)
  5. 山茶花の日々の落花を霜に掃く 瀧本水鳴【季語=山茶花(冬)】
  6. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  7. 【新年の季語】元日
  8. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  9. 琅玕や一月沼の横たはり 石田波郷【季語=一月(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一

Pickup記事

  1. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  2. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  3. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】
  4. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】
  5. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  6. 【新年の季語】松飾
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  8. 父の手に負へぬ夜泣きや夏の月 吉田哲二【季語=夏の月(夏)】 
  9. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
PAGE TOP