季語・歳時記

【新年の季語】左義長

新年の季語(1月)】左義長

新年の行事のひとつで正月の松飾などを各戸からもらい集めて焼く。

どんど焼」などともいう。

小正月」を中心に14日の夜または15日の朝に行われるところが多い。


【左義長(上五)】
左義長に尻あぶりゐるも男気ぞ 言水
左義長や雪国にして雪の上 松根東洋城
左義長の花火は雪の底よりす 阿部みどり女
左義長のまた一ところ始まりぬ 三木
左義長へ鵯もはげしく来て鳴きぬ 波多野爽波
左義長やまつくらがりに海動き 岸田稚魚
左義長や婆が跨ぎて火の終 石川桂郎
左義長の波に消えゆく火の粉かな 星野椿
左義長の蒔絵のごとき火の粉かな 太田寛郎
左義長の火の粉は星と出合ひたる 永方裕子
左義長の今際の風のすさびけり 行方克巳
左義長は御府内の制知らねえか 筑紫磐井
左義長のてつぺん海へ傾ぎけり 片岡啓子

【左義長(中七)】
夕星へ打つ左義長の触れの鉦 渡辺 昭

【左義長(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】繭玉
  2. 【冬の季語】蓮根掘る
  3. 【冬の季語】枯蓮
  4. 【夏の季語】夏の夢
  5. 【秋の季語】蕎麦の花
  6. 【冬の季語】大晦日
  7. 【秋の季語】鵙の贄
  8. 【冬の季語】冬蟹

おすすめ記事

  1. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】
  2. 小鳥屋の前の小川の寒雀 鈴木鷹夫【季語=寒雀(冬)】
  3. 【夏の季語】海の家
  4. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  6. 【春の季語】初東風
  7. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】
  8. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き

Pickup記事

  1. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
  2. 初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を【季語=初夢(新年)】
  3. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  5. 【春の季語】四月
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  7. 【冬の季語】襟巻
  8. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  9. 【冬の季語】探梅
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
PAGE TOP