季語・歳時記

【新年の季語】どんど焼

新年の季語(1月)】どんど焼

新年の行事のひとつ。「正月」の「松飾」などを各戸からもらい集めて焼く。

小正月」を中心に14日の夜または15日の朝に行われるところが多い。

左義長」「吉書揚」とも。


【どんど焼(上五)】
どんど焼きどんどと雪の降りにけり 小林一茶
どんど焼いま完壁の火の柱 能村登四郎
どんど焼きすだまは人の手のかたち 寺田京子
どんど焼火の粉に狂ふ海の鳥 中拓夫
どんど焼きときに怒涛のしぶき浴び 本宮哲郎
どんど焼き舞つて折れたる新聞紙 川崎展宏

【どんど焼(中七)】

【どんど焼(下五)】
山の根の脈打つてをりどんど焼 熊谷愛子
天や火の上に火つくりどんど焼 河内文雄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春
  2. 【新年の季語】七日
  3. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  4. 【春の季語】巣箱
  5. 【春の季語】春めく
  6. 【秋の季語】朝顔
  7. 【冬の季語】日短
  8. 【春の季語】風光る

おすすめ記事

  1. 纐纈の大座布団や春の宵 真下喜太郎【季語=春の宵(春)】
  2. 【夏の季語】夜の秋
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(6)/岡田由季さん
  4. 冴返るまだ粗玉の詩句抱き 上田五千石【季語=冴返る(春)】
  5. 【#23】懐かしいノラ猫たち
  6. 【春の季語】朝桜
  7. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】
  8. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  9. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】
  10. 【冬の季語】大寒

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  3. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  4. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  5. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  6. 海くれて鴨のこゑほのかに白し 芭蕉【季語=鴨(冬)】
  7. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  8. 霧晴れてときどき雲を見る読書 田島健一【季語=霧(秋)】
  9. 【秋の季語】葛の花
  10. 麦藁を束ねる足をあてにけり   奈良鹿郎【季語=麦藁(夏)】
PAGE TOP