季語・歳時記

【新年の季語】どんど焼

新年の季語(1月)】どんど焼

新年の行事のひとつ。「正月」の「松飾」などを各戸からもらい集めて焼く。

小正月」を中心に14日の夜または15日の朝に行われるところが多い。

左義長」「吉書揚」とも。


【どんど焼(上五)】
どんど焼きどんどと雪の降りにけり 小林一茶
どんど焼いま完壁の火の柱 能村登四郎
どんど焼きすだまは人の手のかたち 寺田京子
どんど焼火の粉に狂ふ海の鳥 中拓夫
どんど焼きときに怒涛のしぶき浴び 本宮哲郎
どんど焼き舞つて折れたる新聞紙 川崎展宏

【どんど焼(中七)】

【どんど焼(下五)】
山の根の脈打つてをりどんど焼 熊谷愛子
天や火の上に火つくりどんど焼 河内文雄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】なまはげ
  2. 【春の季語】初音
  3. 【新年の季語】人日
  4. 【夏の季語】夏の蝶
  5. 【冬の季語】日向ぼっこ
  6. 【冬の季語】冬林檎
  7. 【夏の季語】噴水
  8. 【冬の季語】雪掻く

おすすめ記事

  1. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  2. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  3. ハイシノミカタ【#1】「蒼海」(堀本裕樹主宰)
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月1日配信分】
  5. 人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子【季語=人の日(新年)】
  6. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  7. みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子【季語=冬瀧(冬)】
  8. 未生以前の石笛までも刎ねる 小野初江
  9. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  10. 自動車も水のひとつや秋の暮 攝津幸彦【季語=秋の暮(秋)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  2. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  3. 五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美【季語=梨(秋)】
  4. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  5. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第4回】仙台と芝不器男
  7. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第7回】
  9. 七夕のあしたの町にちる色帋   麻田椎花【季語=七夕(秋)】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【6】服部崇
PAGE TOP