季語・歳時記

【新年の季語】どんど焼

新年の季語(1月)】どんど焼

新年の行事のひとつ。「正月」の「松飾」などを各戸からもらい集めて焼く。

小正月」を中心に14日の夜または15日の朝に行われるところが多い。

左義長」「吉書揚」とも。


【どんど焼(上五)】
どんど焼きどんどと雪の降りにけり 小林一茶
どんど焼いま完壁の火の柱 能村登四郎
どんど焼きすだまは人の手のかたち 寺田京子
どんど焼火の粉に狂ふ海の鳥 中拓夫
どんど焼きときに怒涛のしぶき浴び 本宮哲郎
どんど焼き舞つて折れたる新聞紙 川崎展宏

【どんど焼(中七)】

【どんど焼(下五)】
山の根の脈打つてをりどんど焼 熊谷愛子
天や火の上に火つくりどんど焼 河内文雄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】日向ぼっこ
  2. 【冬の季語】愛日
  3. 【冬の季語】冬滝
  4. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  5. 【新年の季語】成人の日
  6. 【春の季語】野に遊ぶ
  7. 【秋の季語】松茸
  8. 【夏の季語】涼しい

おすすめ記事

  1. 風光りすなはちもののみな光る 鷹羽狩行【季語=風光る(春)】
  2. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  3. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  4. 【冬の季語】おでん
  5. 【冬の季語】聖夜
  6. 【冬の季語】豆撒
  7. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(冬)】
  8. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】
  9. ひと魂でゆく気散じや夏の原 葛飾北斎【季語=夏の原(夏)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)
  2. 乾草は愚かに揺るる恋か狐か 中村苑子【季語=乾草(夏)】
  3. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】
  4. 夕凪を櫂ゆくバター塗るごとく 堀本裕樹【季語=夕凪(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  6. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子
  8. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】
  9. 【春の季語】初蝶
  10. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
PAGE TOP